なつぞら-坂場サト(藤田美保子)のモデルは高畑京

NHKの朝ドラ「なつぞら」に登場する坂場サト(藤田美保子)のモデルは高畑京です。

■なつぞら-坂場サト(藤田美保子)のあらすじ

坂場サト(藤田美保子)は、坂場一久(中川大志)の母親で、坂場一久(中川大志)が奥原なつ(広瀬すず)と結婚するときに登場するだけの端役である。

■なつぞら-坂場サト(藤田美保子)のモデル

坂場サト(藤田美保子)のモデルは、高畑勲の母・高畑京です。

高畑勲の父・高畑浅次郎と前妻イトの間には3人の娘が生まれていたが、前妻イトが死んだので、高畑京が後妻として入った。

そして、後妻の高畑京が、長男・高畑昭久、次男・高畑三夫、三男・高畑勲、4女・五十鈴を出産した。

高畑京は奈良女子師範学校で教師をしていたが、特に紹介するようなエピソードもない。

なお、高畑勲の父・高畑浅次郎については、「なつぞら-坂場一直(関根勤)のモデルは高畑浅次郎」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する