スカーレット-川原百合子(福田麻由子)のモデルは金場静子

戸田恵梨香が主演するNHKの朝ドラ「スカーレット」に出演する川原百合子(福田麻由子)のモデルのネタバレです。

■スカーレット-川原百合子(福田麻由子)のあらすじ

川原百合子(福田麻由子)は川原家の三女で、川原家は大阪から信楽へと移り住んだとき、川原百合子(福田麻由子)が赤ちゃんだった。

川原百合子(福田麻由子)は、母親の穏やかで優しい性格を受け継いでおり、信楽に住み続けて川原喜美(戸田恵梨香)に寄り添うことになる。

■川原百合子(福田麻由子)のモデルのネタバレ

川原百合子(福田麻由子)のモデルは、金場家の3女で、神山清子の妹となる金場静子です。

金場家は、長崎県佐世保市の炭鉱で働いていた父親が、炭鉱で働く朝鮮人の脱走を助けたため、警察に追われて佐世保を出た。

そして、金場家は行く先々で朝鮮人に助けられながら、滋賀県日野町へとたどりたどり着き、戦後の昭和22年(1947年)に滋賀県信楽町に移り住み、信楽町で土着した。

その後、詳しい経緯は不明だが、金場静子は大阪で食堂をやっていた。

平成2年(1990年)、神山清子の長男・神山賢一が29歳の時に白血病を発症した。

この頃は公的な骨髄バンクは存在していなかったので、知人などが「神山賢一君を救う会」を発足して、ドナー探しを始めるが、ドナーは見つからないまま、神山賢一の容体は悪化していった。

このため、金場静子は、仁座不一致で神山賢一とHLAが完全に一致はしなかったが、HLAが完全に一致しなくても、白血病が治るケースもあったので、喜んで骨髄移植を引き受け、平成3年10月に骨髄移植が行われた。

この手術が成功し、神山賢一は体調が回復していく一方で、神山賢一らの骨髄バンク運動が実り、平成3年12月に念願の「骨髄移植推進財団(骨髄バンク)」が設立された。
しかし、神山賢一は平成4年2月に白血病が再発し、同年4月21日に死去した。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する