モトカレマニア-難波ユリカとマコチ(福盛真)のネタバレ感想文

原作漫画「モトカレマニア」の難波ユリカとマコチ(福盛真)のネタバレ感想文です。

■モトカレマニア-ネタバレ感想文

原作漫画「モトカレマニア」は面白かった。単純に言えば、5年前に別れた元彼の事を未だに引きずっている難波ユリカ(27歳)が、元彼・マコチ(福盛真)と再開するというラブコメディーである。

難波ユリカは、バイト先でフリーターのマコチ(福盛真)と出会い、19歳の時になんとなく付き合い始めたのだが、22歳の時に喧嘩して別れた。

難波ユリカは、その後、2人の男性と付き合ったが、微妙は人だったので、逃した元彼・マコチ(福盛真)が巨大マグロ並だった事を認識した。

それから、難波ユリカは、3年間も元彼マコチ(福盛真)の事をSNSなどで探し続けていたが、元彼マコチ(福盛真)の手がかりを得ることは出来なかった。

ところが、難波ユリカは再就職先のチロリアン不動産で、5年ぶりに元彼マコチ(福盛真)と再開する。

なんと、マコチ(福盛真)はチロリアン不動産の営業だったのである。

こうして、難波ユリカは、元彼マコチ(福盛真)と運命の再開を果たすが、復縁都は行かずに山有り谷有りの生活を送ることになる。

■2人が別れた理由

難波ユリカと元彼マコチ(福盛真)は5年前に喧嘩別れしたのだが、その理由が食い違っている。

マコチ(福盛真)は「小さい喧嘩をたくさんして、最後は俺が『距離を置こう』って投げたでしょ」と言っている。

しかし、難波ユリカは「そうだっけ?私が先に『もういい』ってキレた感じじゃなかったっけ?」と不思議がっている。

その原因は、マコチ(福盛真)のフリーズだった。

2人が喧嘩したとき、マコチ(福盛真)がフリーズして黙ってしまい、しばらくして「距離を置こうか」と言った。

すると、難波ユリカは怒ってしまい、「もういい」と言って別れた。これが2人が別れた時の真相だった。

■元彼マコチ(福盛真)のフリーズが面白い

マコチ(福盛真)は、難波ユリカとの会話中にときどき、フリーズするのだが、フリーズ中に脳内で葛藤している内容が面白い。

マコチ(福盛真)は、第3巻で難波ユリカを好きだと自覚するのだが、元サヤに収まると、直結婚ルートをたどることになるため、踏ん切りが付かない。

しかし、マコチ(福盛真)は、難波ユリカを可愛いと思い、キスしてしまう。

難波ユリカは、絶好のチャンスを迎えたので、そのままベッドへ引きずり込めば良いのに、なぜか「同居も解消ってことだよね」と言い、マコチ(福盛真)を引かせてしまう。

難波ユリカの友達・周防ひろ美が、「そんなのセッ・・・で何とでもなる。体のスイッチを押すんだよ」と助言するシーンがあるのだが、まさにその通りだと思う。

私は、ウジウジ考えていないで、早く押し倒してしまえと思いながら読んでいるのだが、難波ユリカとマコチ(福盛真)を見ていると、そう簡単に体のスイッチを押すことはできないだろう。

第3巻で、小説家「丸の内さくら」という、こじらせ女子が現れた。「丸の内さくら」も相当、こじらせているので、面白い。今度の展開が楽しみだ。

モトカレマニア-原作のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する