あなたの番です-第17話のあらすじとネタバレ

田中圭が主演する日本テレビの交換殺人ゲームドラマ「あなたの番です」の第17話のあらすじとネタバレです。

第16話のあらすじとネタバレは「あなたの番です-第16話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■あなたの番です-第17話のあらすじとネタバレ

手塚翔太(田中圭)らが、黒島沙和(西野七瀬)のストーカー内山達生の部屋に行くと、ドアに細工がしてあり、ドアを開けた瞬間に、ダーツの屋が飛び出し、内山達生の胸に刺さり、内山達生は死んでしまった。

すると、内山達生のパソコンの動画が再生され、内山達生が殺人の全てを語り始めた。

内山達生は、赤池美里(峯村リエ)とバイト先が同じで、親しくなり、誕生日に赤池夫婦を殺害した。

赤池夫婦を殺害した理由については、「そっちの方が褒められるのかと思って」と話した。

そして、赤池夫婦を殺害したあと、交換殺人ゲームの事を知り、交換殺人ゲームを利用すれば、もっといけると考え、宅配業者を装って児嶋佳世(片岡礼子)を殺害し、片足をゴルフバックに入れて送った。

さらに、浮田啓輔(田中要次)と銀行員・甲野貴文を殺害した。

5人も殺害して、警察に全く疑われもしていないので、いけるところまで行こうと考え、手塚菜奈(原田知世)も殺害した。

最後に殺害した刑事・神谷将人(浅香航大)は、犯人を突き止め、犯人のことを誰かに教えたので、拷問したが、しゃべらなかったので、とどめを刺した。

さらに、内山達生は、「黒島沙和さん(西野七瀬)、これは全て貴女に捧げる僕の愛です。貴女の理想の男になれたなら、僕は嬉しいです。ただね。ちょっと遅かったですね。僕の成長を知る前に、変な男と仲良くなっちゃって」と言い、黒島沙和(西野七瀬)を駅のホームから突き落としたことを告白したのだった。

さて、警察が来て現場検証が始まる。

手塚翔太(田中圭)は、内山達生の動画を観て、何かおかしいと思ったが、何がおかしいのかは分からなかった。

さて、手塚翔太(田中圭)は、内山達生のマンションから立ち去る南雅和(田中哲司)を目撃していたので、マンションに戻って南雅和(田中哲司)を追求すると、南雅和(田中哲司)は理由を明かした。

事故物件住みました芸人の南雅和(田中哲司)は、ネタ探しのために、警備のアルバイトとして、黒島沙和(西野七瀬)が入院している病院に潜り込んで、様子を探っていた。

すると、内山達生を見かけたので、南雅和(田中哲司)は、内山達生が犯人なのではないかと思い、内山達生の後を付けたのだという。

しかし、手塚翔太(田中圭)は、南雅和(田中哲司)がネタ探しだけのために動いているとは思えなかった。

さて、手塚翔太(田中圭)は、黒島沙和(西野七瀬)への報告は二階堂忍(横浜流星)に任せて、自室に戻って1人で考えていると、内山達生の動画の不審点に気付き、二階堂忍(横浜流星)の部屋へと向かった。

そして、手塚翔太(田中圭)は、二階堂忍(横浜流星)に「内山達生は、他の人の犯行の詳細を話したが、手塚菜奈(原田知世)については、キリンさんを選んだ事を話さなかった。あの動画にはきっと嘘がある」と言い、部屋に上がった。

すると、二階堂忍(横浜流星)の部屋で、黒島沙和(西野七瀬)が内山達生の動画を観て泣いていた。

二階堂忍(横浜流星)がスマホで内山達生の動画を撮影していたのである。

さて、1つ1つ解決していこうと考えた手塚翔太(田中圭)は、田宮淳一郎(生瀬勝久)の元を訪れ、銀行員・甲野貴文を殺害した犯人が内山達生だったことを明かした。

すると、田宮淳一郎(生瀬勝久)が、血まみれになった甲野貴文の名札が送られてきた事や、甲野の実家に自分名義で香典が送られていた事を明かし、「彼の目的は?」と尋ねた。

手塚翔太(田中圭)は「動画で語っていましたが、信じていません」と教えたが、田宮淳一郎(生瀬勝久)の事が信用できないと言い、動画の内容は教えなかった。

田宮淳一郎(生瀬勝久)は交換殺人ゲームで「ゴミの分別が出来ない人」という紙を引いたと言っていたが、手塚翔太(田中圭)は信じていなかったのだ。

さて、手塚翔太(田中圭)がマンションに戻ると、管理人に注意されたので、郵便受けに溜まった郵便を引き取ると、刑事・神谷将人(浅香航大)から送られてきた封筒が入っていた。

封筒を開けると、謝罪の手紙と、コインロッカーの鍵が入っていたので、駅へ行き、コインロッカーを開けると、中に刑事・神谷将人(浅香航大)の手帳が入っていた。

手塚翔太(田中圭)は、刑事・水城洋司(皆川猿時)に神谷将人(浅香航大)の手帳を届けると、刑事・水城洋司(皆川猿時)は内山達生の部屋から大量の笑気ガスの缶が見つかったことを教えた。

笑気ガスは麻酔の一種で、高濃度のものは危険度ラックに指定されており、一連の事件で死体が笑っていた理由は笑気ガスが原因と考えられるのだという。

手塚翔太(田中圭)は、手塚菜奈(原田知世)が殺害されたときの残りの動画について尋ねたが、刑事・水城洋司(皆川猿時)は「内山達生のパソコンからは見つからなかった」と話した。

そして、刑事・水城洋司(皆川猿時)は「ただ、内山達生は医療工学科で医療機器を開発していたので、病院に出入りして塩化カリウムを入手できた可能性がある。犯人がもう1人居るとすれば、一番怪しいのは、黒島沙和(西野七瀬)だが、彼女にはアリバイがある」と教えた。

その日の夜、手塚翔太(田中圭)は二階堂忍(横浜流星)と食事をしながら、事件について話し合った。

二階堂忍(横浜流星)は、猟奇的な犯行には規則性があると言い、一連の笑顔殺人事件の犯人は他にいて、内山達生の犯行は、笑っていなかった銀行員・甲野貴文の殺害と、黒島沙和(西野七瀬)を駅のホームから突き落とした事件だけだと考えた。

また、二階堂忍(横浜流星)は、尾野幹葉(奈緒)には猟奇性があると言い、尾野幹葉(奈緒)に対する認識を改めなければならないと話した。

一方、南雅和(田中哲司)は、田宮淳一郎(生瀬勝久)の過去の経歴を知って、過去を回想し、田宮淳一郎(生瀬勝久)に対する憎悪を燃やしていた。

さて、二階堂忍(横浜流星)と黒島沙和(西野七瀬)は、田宮淳一郎(生瀬勝久)の元を訪れ、交換殺人ゲームで引いた紙を尋ねたが、田宮淳一郎(生瀬勝久)は本当のことは言わなかった。

さて、二階堂忍(横浜流星)が黒島沙和(西野七瀬)と別れて自室に戻ろうとすると、尾野幹葉(奈緒)から「誰にも話せなかった事がある。菜奈さん(原田知世)を殺した犯人について。話を聞いてくださる」と声をかけられ、部屋に誘われた。

二階堂忍(横浜流星)は、尾野幹葉(奈緒)を警戒したが、話を聞くために部屋に入った。

一方、田宮淳一郎(生瀬勝久)は、妻・田宮君子(長野里美)に言われて自宅に帰ると、部屋で高知県出身の南雅和(田中哲司)が鰹のタタキを作っていた。

そこで、南雅和(田中哲司)は、ニンニクを部屋に忘れてきたと騒ぎ、妻・田宮君子(長野里美)に鍵を渡して、ニンニクを取ってきて欲しいと頼んだ。

他方、手塚翔太(田中圭)が部屋で事件の事を考えていると、刑事・水城洋司(皆川猿時)から電話がかかってきた。

神谷将人(浅香航大)が殺害された日に、内山達生がマンションの住人・南雅和(田中哲司)と会っていた事が判明したのだという。

それを聞いた手塚翔太(田中圭)は、部屋を飛び出して、南雅和(田中哲司)の部屋に行くが、南雅和(田中哲司)は部屋に居なかった。

そこへ、ニンニクを取りに来た妻・田宮君子(長野里美)が現れ、「南さん(田中哲司)ならウチに来ている」と教え、鍵を開けて南雅和(田中哲司)の部屋に入ったので、手塚翔太(田中圭)も一緒に部屋に入った。

そのころ、南雅和(田中哲司)は、田宮淳一郎(生瀬勝久)に包丁を突きつけて、「人を殺したよね?答えろ。殺したのか」と詰め寄っていた。

さて、南雅和(田中哲司)の部屋に入った手塚翔太(田中圭)は、田宮淳一郎(生瀬勝久)に関する資料や、高知県で3歳の女児が死体で発見されたことを報じる新聞記事を発見した。

どうやら、死体で見つかった女児は、南雅和(田中哲司)の娘のようだ。

驚いた手塚翔太(田中圭)は、慌てて田宮淳一郎(生瀬勝久)の部屋へと向かった。

そのころ、二階堂忍(横浜流星)は、尾野幹葉(奈緒)の部屋に居たが、尾野幹葉(奈緒)がお茶を飲まないと話さないと言うので、仕方なく、尾野幹葉(奈緒)が出したお茶を飲んだ。

すると、尾野幹葉(奈緒)は、手塚菜奈(原田知世)を殺した犯人は黒島沙和(西野七瀬)だと話し始めるが、二階堂忍(横浜流星)は急な眠気に襲われて、意識を失ってしまったのだった。

あなたの番です-第18話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク