スカーレット-十代田八郎(松下洸平)のモデルのネタバレ

戸田恵梨香が主演するNHKの朝ドラ「スカーレット」の十代田八郎(松下洸平)のモデルのネタバレです。

■十代田八郎(松下洸平)のあらすじとネタバレ

十代田八郎(松下洸平)は大阪府の出身で、京都で陶芸を学び、信楽に来て丸熊陶業に就職して陶工となり、川原喜美(戸田恵梨香)と出会う。

■十代田八郎(松下洸平)のモデルのネタバレ

十代田で「そよだ」と読ませるのは、かなり珍しい名字だが、十代田八郎(松下洸平)のモデルは、陶芸家・神山清子の夫・神山易久で間違いないでしょう。

神山易久は生まれも育ちも滋賀県信楽町で、近江化学陶器に就職して、神山清子と出会い、神山清子と恋愛結婚する。

その後、神山易久は近江化学陶器を辞めて独立し、神山清子と夫婦で作品を出品するなどして、おしどり夫婦と呼ばれ、夫婦で庭に半地下式の「寸越窯(ずんごえがま)」を築いた。

しかし、神山易久は弟子の女性と不倫をするようになり、妻・神山清子は弟子の女性に妻の地位も陶芸活動も奪われてしまうのだった。

小さい町なので不倫の噂が町中に広まってしまい、妻・神山清子は神山易久の不倫を苦にして自殺を考えようとしたが、息子・神山賢一の一言で離婚を決意した。

神山易久は、1人なって陶芸に集中したいみないなことを言い、妻・神山清子と離婚して家を出るのだが、不倫をしていた弟子の女子と一緒になったようだ。

(神山易久は養子ではなかったが、妻・神山清子の父と同居しており、マスオさん状態だったようだ。)

なお、朝ドラ「スカーレット」の各モデルのネタバレは「スカーレット-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する