スカーレット-深野心仙(イッセー尾形)のモデルのネタバレ

戸田恵梨香が主演するNHKの朝ドラ「スカーレット」の深野心仙(ふかの・しんせん)のモデルのネタバレです。

■スカーレット-深野心仙(イッセー尾形)のあらすじ

深野心仙(イッセー尾形)は信楽焼の火鉢の絵付け師で、日本画家でもあり、川原喜美(戸田恵梨香)の師匠となる人物である。

■スカーレット-深野心仙(イッセー尾形)のモデル

深野心仙(イッセー尾形)のモデルは、陶芸家・神山清子の師匠になる人物なのですが、現時点では候補は3人居ます。

1人目は、京都から来た画家で、信楽で最高の絵付け師です。神山清子は弟子にして欲しいと頼みに行ったのですが、この絵付け師は娘が男性関係でトラブルを起こしたため、女の弟子は取らないと言い、弟子入りさせてもらえなかった。

2人目の絵付け師は、北村某という絵付けしで、北村某は弟子入りさせてくれたが、短期で自分の思うようにならないと物をぶつけたりするので、神山清子は嫌になって弟子を辞めた。

3人目は吉竹栄二郎という人で、神山清子は近江化学陶器に入社後、京都から絵付けの指導に来ていた吉竹栄二郎から染め付けなどを学んでいる。

深野心仙(イッセー尾形)のモデルは現時点では特定できないのだが、この3人をミックスした感じの絵付け師になるのではないかと思う。

なお、朝ドラ「スカーレット」の各モデルのネタバレは「スカーレット-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する