スカーレット-深野心仙(イッセー尾形)のモデルのネタバレ

戸田恵梨香が主演するNHKの朝ドラ「スカーレット」の深野心仙(ふかの・しんせん)のモデルのネタバレです。

■スカーレット-深野心仙(イッセー尾形)のあらすじ

深野心仙(イッセー尾形)は信楽焼の火鉢の絵付け師で、日本画家でもあり、社長・熊谷秀男(阪田マサノブ)に招かれて、丸熊陶業で絵付け師として働いている。

熊谷照子(大島優子)に「絵付けをやりたい」と頼まれたが、深野心仙(イッセー尾形)は「何年も無給で修行する厳しい世界だ」と言い、修行を拒んだ。

しかし、熊谷照子(大島優子)の熱意を認め、9番目の弟子とした。

その後、電化製品の普及により、火鉢の需要が低迷。深野心仙(イッセー尾形)は、社長・熊谷秀男(阪田マサノブ)が死んだのを機に、若い絵付け師・森田隼人の弟子になることに決め、丸熊陶業を辞めたのだった。

■スカーレット-深野心仙(イッセー尾形)のモデル

朝ドラ「スカーレット」に登場する深野心仙(イッセー尾形)のモデルは、おそらく、吉竹栄二郎です。

神山清子は近江化学陶器で、吉竹栄二郎から絵付けを学んでいます。

なお、朝ドラ「スカーレット」の各モデルのネタバレは「スカーレット-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク