スカーレット-川原喜美子(戸田恵梨香)の結婚相手と実話のネタバレ

NHKの朝ドラ「スカーレット」の主人公・川原喜美子(戸田恵梨香)の結婚相手のネタバレです。

■スカーレット-川原喜美子(戸田恵梨香)の結婚相手

川原喜美子(戸田恵梨香)は「丸熊陶業」で働くようになり、陶芸家を目指す商品開発部の十代田八郎(松下洸平)と出会う。

そして、十代田八郎(松下洸平)が川原喜美子(戸田恵梨香)のデザインした火鉢を褒めたことを切っ掛けに、急速に距離を縮めていくのだった。

しかし、十代田八郎(松下洸平)は「結婚を前提とした人しか付き合わない」という考え方だった。

川原喜美子(戸田恵梨香)は、草間宗一郎(佐藤隆太)と妻・里子の一件で結婚に後ろ向きだったので、苦悩する。

しかし、川原喜美子(戸田恵梨香)は、母・川原マツ(富田靖子)に背中を押されて十代田八郎(松下洸平)に「好きだ」と告白し、結婚に後ろ向きな理由を打ち明け、「手を繋ぐよりも、繋いだ手を一生、つなぎ続ける方が難しい」と告げた。

それを知った十代田八郎(松下洸平)は、「僕は手を離さない」と言い、川原喜美子(戸田恵梨香)を抱きしめたのだった。

こうして、2人は結婚の許可を求めるが、父・川原常治(北村一輝)は2人の結婚に反対する。

父・川原常治(北村一輝)は、十代田八郎(松下洸平)の陶芸家になりたいという夢が気に入らず、結婚するなら安定した「丸熊陶器」で働いて欲しいと告げた。

しかし、川原喜美子(戸田恵梨香)は、十代田八郎(松下洸平)の夢を応援すると宣言した。

そこで、父・川原常治(北村一輝)は、結婚の条件として、十代田八郎(松下洸平)が陶芸展で賞を取ることを命じたのだった。

■神山清子が結婚した実話のネタバレ

朝ドラ「スカーレット」のモデルとなる神山清子(結婚前は金場清子)は、近江化学陶器に就職して、同僚の神山易久と出会った。

神山易久は、中学校の1年先輩で、美術コンクールは、いつも2位だった。

いつも1位は神山清子だったので、神山易久は神山清子をライバルだと思っていたが、神山清子は絵を描くことに熱中しており、神山易久の事を知らなかった。

そんな2人だったが、神山易久が神山清子のデザインを褒めた事から、交際に発展した。

朝ドラ「スカーレット」では、十代田八郎(松下洸平)が陶芸家を目指しており、川原喜美子(戸田恵梨香)が十代田八郎(松下洸平)の陶芸を観に行くが、実話は逆である。

実話では、神山清子が会社の作業場で陶芸をしており、神山易久が神山清子の陶芸を観に来て、会社の作業場で愛を育んだ。小さな会社だったので、直ぐに噂は広まった。

やがて、2人は結婚することになるが、神山清子の父親が結婚に反対した。父親は苦労して土地を手に入れていたので、養子を欲しがったのである。

神山易久は養子になることを承諾したが、神山清子が養子を拒否した。

これは私の推測なのだが、神山清子が養子を拒否したのは、子供のためだろう。

神山清子は旧姓が「金場」と言い、「金場」という名前が朝鮮人や韓国人の付ける名前と似ていたため、子供の頃から虐められていたという経緯がある。

神山易久を養子にすると、子供が「金場」姓を継ぐことになり、子供達が虐められる可能性がある。

このため、神山清子は、養子を拒否し、神山易久の籍に入る事を望んだと考えられる。

その結果、神山清子は神山易久の籍に入って、神山清子の実家で同居するという「マスオさん」状態で結婚した。

こうして、2人は愛し合って結婚したのだが、泥沼の離婚劇を繰り広げることになる。

スカーレット-川原喜美子(神山清子)の離婚の実話のネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スカーレット-川原喜美子(戸田恵梨香)の結婚相手と実話のネタバレへのコメント

仕事があり、毎日は見られません。ビデオにとってまでという気持ちもなく・・・このサイトいつもとても楽しみにしています。誤字も気になりません。これからもよろしく・・・

  • 投稿者-
  • ekomix
  • -2019年10月31日

応援ありがとうございます。誤字については、できるだけ気をつけますので、これからもよろしくお願いしたします。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2019年11月1日