スカーレット-熊谷照子(大島優子)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する熊谷照子(大島優子)のモデルとネタバレです。

■熊谷照子(大島優子)のあらすじとネタバレ

熊谷照子(大島優子)は、信楽町で一番大きな窯元「丸熊陶業」の娘で、取り巻きはいるが、本当の友達は居らず、転校してきた川原喜美子(戸田恵梨香)と友達になる。

熊谷照子(大島優子)は兄が戦死したため、婿を取って「丸熊陶業」を継ぐことになった。

そこで、熊谷照子(大島優子)は熊谷敏春(本田大輔)と見合い結婚し、父・熊谷秀男(阪田マサノブ)の死後、需要が減ってきた火鉢に変わる主力商品を開発するため、大改革を行うのだった。

■熊谷照子(大島優子)のモデルのネタバレ

「丸熊陶業」のモデルが「近江化学陶器」なので、熊谷照子(大島優子)はモデルは、「近江化学陶器」を経営している奥田家に人間ということになる。

実話では、「近江化学陶器」は火鉢の需要が低迷してくると、植木鉢や外装タイルの製造を開始して、岡本太郎が「近江化学陶器」のタイルを使ってモザイク画などを作っている。

実話ベースで考えると、熊谷照子(大島優子)のモデルは奥田孝と思うのだが、朝ドラ「スカーレット」のオリジナルキャラクターと考えて差し支えないと思う。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する