スカーレット-第3週「荒木荘」のあらすじとネタバレ

戸田恵梨香が主演するNHKの朝ドラ「スカーレット」の第3週のあらすじとネタバレです。

第2週のあらすじとネタバレは「スカーレット-第2週のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■スカーレット-第3週のあらすじとネタバレ

川原喜美子(戸田恵梨香)は、川原常治(北村一輝)が探してきた大阪の荒木商事で働くことになった。

荒木商事は、女性の下着をデザインする会社で、社長・荒木さだ(羽野晶紀)は、母・川原マツ(富田靖子)の遠縁に当たる人だった。

このため、社長・荒木さだ(羽野晶紀)は、川原常治(北村一輝)に懇願され、川原喜美子(戸田恵梨香)を荒木荘の女中として雇ったのだ。

しかし、荒木荘の女中・大久保のぶ子(三林京子)が「若い子には無理だ。続かない。信楽に帰れ」と言うので、川原喜美子(戸田恵梨香)は翌日、信楽に帰されることになってしまった。

しかし、川原喜美子(戸田恵梨香)は、カバンの中に入ってい母・川原マツ(富田靖子)の手紙を見て、荒木荘で頑張ることに決め、草間流柔道の礼儀を思い出し、大久保のぶ子(三林京子)に「雇ってください」と頭を下げた。

すると、大久保のぶ子(三林京子)は川原喜美子(戸田恵梨香)の心意気を買い、川原喜美子(戸田恵梨香)を雇うことにした。

やがて、給料日が来た。大卒の初任給が6000円の時代に、川原喜美子(戸田恵梨香)は給料1000円だったので、がっかりした。

社長・荒木さだ(羽野晶紀)は、大久保のぶ子(三林京子)が居るので、貴女は見習いの給料だと教えた。

さて、荒木商事が下着ショーを開催する日が近づいていた。

荒木荘に住む新聞記者・庵堂ちや子(水野美紀)が下着ショーを担当することになった。

川原喜美子(戸田恵梨香)も休みをもらい、庵堂ちや子(水野美紀)と一緒に下着ショーを観に行くことにした。

下着ショーの当日、川原喜美子(戸田恵梨香)は、庵堂ちや子(水野美紀)の勤務先のデイリー大阪に立ち寄ると、机の上に湯飲みなどが散乱していたので、手際よく片付けた。

編集長の平田昭三(辻本茂雄)は、その様子を見ていた。

スカーレット-第4週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する