スカーレット-第7週「ふか先生」のあらすじとネタバレ

イッセー尾形が出演するNHKの朝ドラ「スカーレット」の第7週のあらすじとネタバレです。

あらすじの目次は「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■スカーレット-第7週のあらすじとネタバレ

川原喜美子(戸田恵梨香)は丸熊陶業で、「ふか先生」と呼ばれる深野心仙(イッセー尾形)と出会う。

深野心仙(イッセー尾形)は、社長の熊谷秀男が招いた絵付け師だった。

川原喜美子(戸田恵梨香)が「絵付けをやりたい」と頼むと、深野心仙(イッセー尾形)は快諾し、絵付けをやらせてくれた。

しかし、深野心仙(イッセー尾形)が絵付けをやらせてくれたのは、川原喜美子(戸田恵梨香)が遊びで絵付けを体験しにきたと思ったからだった。

それを知った川原喜美子(戸田恵梨香)は、「仕事として絵付けがやりたい」と懇願すると、深野心仙(イッセー尾形)は「絵付けの仕事は何年も無給で修行しなければならない」と教えた。

その日の夜、川原喜美子(戸田恵梨香)は、琵琶湖の取材に来ていた庵堂ちや子(水野美紀)と会う。

庵堂ちや子(水野美紀)は、新聞社を辞めて婦人雑誌へと移り、婦人雑誌で記者をやっていた。やりがいがある仕事で楽しいと言う。

川原喜美子(戸田恵梨香)は、庵堂ちや子(水野美紀)を羨ましく思い、絵付けの仕事をやりたいが、何年も無給で働く余裕は無いと言って泣いた。

それを知った母・川原マツ(富田靖子)は、川原喜美子(戸田恵梨香)の為に絵付けが出来る会社を探したが、父・川原常治(北村一輝)は絵付けの仕事に反対した。

そのようななか、父・川原常治(北村一輝)は行きつけの飲み屋「あかまつ」で、居合わせた深野心仙(イッセー尾形)と酒を飲んだ。

深野心仙(イッセー尾形)が丸熊陶業で絵付けの仕事をしているというので、父・川原常治(北村一輝)は絵付けの仕事について尋ねた。

すると、深野心仙(イッセー尾形)は、「絵付けの仕事は厳しいので、直ぐにやめる弟子が多い。最近も女の子が弟子になりたいと言ってきたが、直ぐに弱音を吐くだろう」と話した。

それを聞いた父・川原常治(北村一輝)は、川原喜美子(戸田恵梨香)の事だと気づいて激怒し、川原喜美子(戸田恵梨香)に「丸熊陶業じゃないとダメだ」と言い、絵付けの仕事を許可した。

こうして、川原喜美子(戸田恵梨香)は、深野心仙(イッセー尾形)の9番目の弟子となり、食堂で働きながら、絵付けの修行を開始するのだった。

スカーレット-第8週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する