スカーレット-第9週「熊谷秀男が死去」のあらすじとネタバレ

大島優子が出演するNHKの朝ドラ「スカーレット」の第9週「熊谷秀男が死去」のあらすじとネタバレです。

スカーレットの目次は「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■スカーレット-第9週のあらすじとネタバレ

深野心仙(イッセー尾形)は、十代田八郎(松下洸平)の話を聞いて、同じ絵を描いて渡すと、十代田八郎(松下洸平)は涙を流して喜んだ。

川原喜美(戸田恵梨香)も、話を聞いて自分なりに描いた絵を十代田八郎(松下洸平)に渡すと、十代田八郎(松下洸平)は心遣いに感謝した。

その日、丸熊陶業の社長・熊谷秀男(阪田マサノブ)が死去した。

会社を引き継いだ熊谷照子(大島優子)は、電気の普及により、火鉢の需要は減ると考え、大改革を宣言した。

絵付け師の深野心仙(イッセー尾形)は、社長・熊谷秀男(阪田マサノブ)の死を区切りとして、丸熊陶業を辞めることにした。

深野心仙(イッセー尾形)は、長崎で絵付けをしている森田隼人という若者の弟子になるのだという。

それを知った川原喜美(戸田恵梨香)は、深野心仙(イッセー尾形)をますます尊敬するのだった。

他の絵付け師も、丸熊陶業を辞めて、それぞれの道に進むことにしたので、丸熊陶業に残る絵付け師は川原喜美(戸田恵梨香)だけとなった。

さて、「絵付けの職人がクビになっている」という噂が流れており、川原常治(北村一輝)は川原喜美(戸田恵梨香)もクビになるのではないかと心配した。

川原喜美(戸田恵梨香)は「クビになんかなっていない。新しいことに挑戦するんだ」と反論したが、川原常治(北村一輝)は深野心仙(イッセー尾形)の生き方を認めなかった。

さて、川原家は生活が苦しく、高校進学を希望する三女・川原百合子(福田麻由子)を高校へ行かせる余裕も無かった。

川原喜美(戸田恵梨香)は、半人前の給料しかもらっていなかったので、新社長の熊谷敏春(本田大輔)に「今度は一人前として扱って欲しい」と直談判すると、熊谷敏春(本田大輔)は熱意に押され、一人前と認めてくれたので、ようやく人並みの給料が貰えるようになった、

やがて、秋が来て、川原喜美(戸田恵梨香)がデザインした火鉢の試作品が完成した。

スカーレット-第10話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する