スカーレット-第10話「お見合い大作戦」のあらすじとネタバレ

戸田恵梨香が出演するNHKの朝ドラ「スカーレット」の第10週のあらすじとネタバレです。

あらすじの目次は「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■スカーレット-第10話のあらすじとネタバレ

川原喜美(戸田恵梨香)は試作品の火鉢を見て「愛おしい」と思ったので、十代田八郎(松下洸平)に見せると、十代田八郎(松下洸平)は「愛おしい」と言ったので、十代田八郎(松下洸平)の事が気になるようになった。

さて、十代田八郎(松下洸平)は陶芸家を目指しており、会社の電気釜を使わせてもらい、自分の作品を作っていた。

川原喜美(戸田恵梨香)は十代田八郎(松下洸平)の説明を聞きながら、陶芸を眺めていると、十代田八郎(松下洸平)から「お見合い再作戦」に参加するのか尋ねられた。

大野信作(林遣都)が信楽の若い男女を集めて「お見合い大作戦」を企画しており、十代田八郎(松下洸平)も頼まれて参加するのだという。

川原喜美(戸田恵梨香)は呆れて大野信作(林遣都)に文句を言いに行くが、大野信作(林遣都)から「マスコットガールとして参加して欲しい」と頼まれてしまった。

さて、時代は大きく変わり始め、丸熊陶業の主力商品は、火鉢から植木鉢になった。大野雑貨店も客が減ったので、カフェに改装することになった。

川原喜美(戸田恵梨香)は、朝夕に十代田八郎(松下洸平)の陶芸を見学することにしたが、十代田八郎(松下洸平)は川原喜美(戸田恵梨香)の事が好きだったので、他人の目を気にして、同じ部屋で2人切りで過ごすことに躊躇した。

川原喜美(戸田恵梨香)が業を煮やして「じゃー、付き合えばいいじゃない」と言ったが、十代田八郎(松下洸平)は「結婚を前提とした人でないと付き合えない」と答えた。

すると、驚いた川原喜美(戸田恵梨香)は「結婚は考えられません」と言ってしまうのだった。

一方、東京で就職した次女・川原直子(桜庭ななみ)は、彼女の居る指導係の男性を好きになってしまい、恋が報われずに傷ついていた。

さて、川原喜美(戸田恵梨香)が昔に拾った焼き物の欠片の話をすると、十代田八郎(松下洸平)が興味を示したので、自宅に招いて欠片を見せた。

その欠片は、釉薬を使っていないのに、綺麗な色が出ていた。十代田八郎(松下洸平)は、その破片を見て魅了された。

夕方になると、十代田八郎(松下洸平)は「お見合い大作戦」に参加するため、川原家を後にした。

母・川原マツ(富田靖子)は、川原喜美(戸田恵梨香)の思いに気付き、追いかけるように促した。

川原喜美(戸田恵梨香)は、十代田八郎(松下洸平)の後追い、好きだと告白すると、「手を繋ぐよりも、手を繋ぎ続ける事の方が難しい」と言い、草間宗一郎(佐藤隆太)と妻・里子の件で、結婚に後ろ向きになっていることを明かした。

すると、十代田八郎(松下洸平)は「僕は繋いだ手を絶対に離さない」と言い、川原喜美(戸田恵梨香)を抱きしめたのだった。

スカーレット-第11週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する