スカーレット-田中雄太郎(木本武宏)と信楽太郞のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する田中雄太郎(木本武宏)のモデルとネタバレです。

■スカーレット-田中雄太郎(木本武宏)のネタバレ

田中雄太郎(木本武宏)は、「荒木荘」の住人で、市役所を辞めて、俳優を目指しており、台詞は1言だったが、ようなく念願の映画に出演することが出来た。

しかし、その後は仕事が来ず、家賃を滞納するようになってしまい、荒木荘の女中・川原喜美子(戸田恵梨香)に言われて歌声喫茶「さえずり」でアルバイトをするようになった。

そして、最終的に田中雄太郎(木本武宏)は「信楽太郞」という名前で歌手としてデビューします。

スポンサードリンク

■田中雄太郎(木本武宏)のモデル

田中雄太郎(木本武宏)のモデルは、滋賀県出身の歌手の西川貴教です。

西川貴教は朝ドラ「スカーレット」にジョージ富士川(西川貴教)の役で出演しているので、間違いないでしょう。

西川貴教は公務員として働いた経験は無いのですが、祖父も父も公務員で親戚も公務員が多い公務員一家に生まれました。

当然、西川貴教も公務員になることが望まれていたのですが、中学生のころから音楽で食べていきたいと思うようになり、両親に反対されながらも、大阪の専門学校に通いながら、バンド活動を開始します。

そして、20歳直前にバンドでデビューが決まり、上京したのですが、全く売れずに解散し、ソロの男性ボーカルとして活動を開始し、ソニーミュージックの中の一部門「アンティノスレコード」に拾われ、中性的なキャラクターで「T.M.Revolution」として再デビューします。

西川貴教は、ウンタウンの音楽番組「ヘイ・ヘイ・ヘイ」に出演したとき、中性的なキャラクターという設定をわすれ、ダウンタウンと漫才のようなトークをしてしまうのですが、これで世間の注目を浴び、スター街道を歩み始めます。

そして、「消臭力」のCMに出演して、芸能界での地位を盤石なものとし、西川貴教は「消臭力」と呼ばれるようになりました。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-あらすじとモデルとネタバレ」をご覧ください。。

スポンサードリンク