エール-村野鉄男(中村蒼)のモデルは野村俊夫

NHKの朝ドラ「エール」に登場する村野鉄男(中村蒼)のモデルとネタバレです。

■エール-村野鉄男(中村蒼)のネタバレ

村野鉄男(中村蒼)は、魚屋「魚治(うおはる)」の長男で、古山裕一(窪田正孝)の幼なじみである。

村野鉄男(中村蒼)は、喧嘩っ早いガキ大将だが、詩を愛する優しさがあり、後に作詞家として活躍して、古山裕一(窪田正孝)・佐藤久志(山崎育三郎)と共に「福島三羽ガラス」と呼ばれるようになる。

■村野鉄男(中村蒼)のモデルのネタバレ

朝ドラ「エール」の村野鉄男(中村蒼)のモデルは、「福島三羽ガラス」の1人で作詞家の野村俊夫です。

野村俊夫は、明治34年(1904年)11月21日に福島県福島市大町で生まれた。実家は魚屋だった。

野村俊夫はガキ大将で、後に作曲家となる古関裕而とは幼なじみだった。古関裕而とは非常に仲が良かったが、野村俊夫が引っ越したので離ればなれになった。

その後、野村俊夫は、福島商業高校へと進学したが、家庭の事情で退学。2年間、奉公に出た後、20歳の時に福島民友新聞の記者となり、文芸欄などを担当した。

野村俊夫は福島民友新聞時代に詩人として活動しており、古関裕而とも交流を持っていた。

その後、野村俊夫は、コロンビアの専属になっていた作曲家・古関裕而の勧めを受け、昭和6年に上京し、古関裕而の初のレコード「福島行進曲」の作詞を手がけて作詞家としてデビューしたが、蓄音機は高価だったため、レコードは全く売れなかったという。

野村俊夫はヒット曲が出ずに苦労するが、昭和15年に「暁に祈る」が大ヒットする。

この「暁に祈る」は、作曲が古関裕而で、歌が福島出身の伊藤久男だった。

3人とも福島県の出身だったことから、3人は「福島三羽ガラス」と呼ばれた。

その後、野村俊夫は、作曲家・古関裕而や作曲家・古賀政男と組んで数々の名曲を世に送り出したが、昭和41年(1966年)10月27日に死去した。享年62だった。

なお、朝ドラ「エール」のモデルやネタバレは「エール-あらすじとネタバレ」」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する