エール-関内梅(森七菜)のモデルのネタバレ

古関裕而をモデルとするNHKの朝ドラ「エール」に登場する関内三姉妹の三女・関内梅(せいきうちうめ)のモデルのネタバレです。

■エール-関内梅のネタバレ

関内梅(森七菜)は、関内音(二階堂ふみ)の妹で、将来は小説家になることを夢見て、懸賞小説に応募していた。

やがて、小説家としてデビューすることになり、上京して姉・関内音夫婦の家に居候していたとき、古山裕一(窪田正孝)に弟子入りした田ノ上五郎(岡部大)の事を好きになってしまう。

そこで、関内梅(森七菜)は、音楽の道に限界を感じた田ノ上五郎(岡部大)を豊橋に連れて帰り、実家の馬具工場を継がせることにした。

田ノ上五郎(岡部大)は岩城の試験に落ち続けるが、ようやく岩城の試験に合格し、関内梅(森七菜)と結婚するのだった。

スポンサードリンク

■実在のモデル

関内音(二階堂ふみ)のモデルとなった内山金子は、男1女6の7人兄弟だったので、妹は実在するのですが、モデルは特定できませんでした。

ただ、内山金子は、文学少女で、日本女子大学の国文科に進学するか、音楽家を目指すか、迷っていたので、内山金子の声楽家を目指す部分を関内音(二階堂ふみ)で表し、内山金子の文学少女の部分を関内梅(森七菜)で表しているという可能性が考えられます。

ちなみに、キャストの森七菜は、どこかで見覚えがあると思ったら、日本テレビのドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」に出ていた人でした。

なお、朝ドラ「エール」のあらすじとネタバレは「エール-あらすじ」をご覧ください。

スポンサードリンク