ニッポンノワール-第3話のあらすじとネタバレ

日本テレビのドラマ「ニッポンノワール-刑事Yの反乱」の第3話のあらすじとネタバレです。

第2話のあらすじとネタバレは「ニッポンノワール-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ニッポンノワール-第3話のあらすじとネタバレ

東堂銀行10億円強奪事件と碓氷薫(広末涼子)殺人事件の捜査本部は、被疑者・本城諭(篠井英介)の死亡で解散することになった。

本城諭(篠井英介)が犯人として処理されることについて、捜査員が不満の声を上げると、才門要(井浦新)はスクラップ工場の防犯カメラの動画を見せた。

動画には、本城諭(篠井英介)が、東堂銀行10億円強奪事件で使用された車をスクラップにする様子が映っていた。

さらに、才門要(井浦新)は、本城諭(篠井英介)のロッカーから、東堂銀行10億円強奪事件で使用された拳銃と犯行計画書が出てきた事を明かし、「本城は、映像を入手した碓氷薫(広末涼子)を口封じのために殺害した」と言い、その証拠として血の付いたシャツを見せた。

すると、遊佐清春(賀来賢人)は「今の映像はどこで手に入れた。USBに入ってたんじゃないか」と追求すると、才門要(井浦新)は「USB?わかりませーん」とシラを切った。

そこで、遊佐清春(賀来賢人)は、碓氷薫(広末涼子)の仕事部屋で見つけたDVDを再生するが、DVD内容は鶴の映像に書き換えられていた。

才門要(井浦新)は、捜査員達に「USBなんて存在しない。ただの妄想だ。他に異議のある方は申し出てください。ただし、自分の立場をよーく考えて」と圧力をかけた。

しかし、南武修介(北村一輝)が「異議あり。俺は本庁の警察発表で、本城(篠井英介)の罪状を初めて知った」と言い、捜査の責任者である自分を通さずに、上層部が警察発表をした事を明かした。

そして、南武修介(北村一輝)は、碓氷薫(広末涼子)が死ぬ前日に「私は殺されるかもしれません。それでも私は戦います。真実が白日の下にさらされるまで」と言っていたことを明かした。

すると、碓氷班や宮城遼一(細田善彦)など一部の刑事が、本城諭(篠井英介)が犯人だったという警察の方針に異を唱えた。

そこで、南武修介(北村一輝)は、東堂銀行10億円強奪事件と碓氷薫(広末涼子)殺人事件の捜査本部を解散し、碓氷班や宮城遼一(細田善彦)など一部の刑事で捜査を引き継いだ。

その日、本城芹奈(佐久間由衣)は喫茶店「ボローナ」を訪れ、「私はお父さんを撃ったアンタが憎い。でも、他に頼れる人間が居ない」と言い、遊佐清春(賀来賢人)に風間岳人の写真を差し出した。

警察の捜査資料では、風間岳人は、反グレ集団「ベルムズ」のメンバーで、東堂銀行10億円強奪事件で死亡した犯人グループの1人だった。

しかし、本城芹奈(佐久間由衣)は「彼氏の話だと、こんな奴、ベルムズに居ないし、顔も見たことないって」と教えた。

そこで、碓氷班らが風間岳人について調べると、警察が風間岳人の経歴をねつ造していた事が判明。風間岳人という名前も嘘だと分かった。

しかし、風間岳人は整形して顔を変えている可能性があり、顔から素性を探る事は出来ず、警察のデータベースの情報の書き換えられており、DNAから風間岳人の素性を調べる事も出来ず、捜査に行き詰まった。

しかし、風間岳人の手首の入れ墨から、3年前に、風間岳人は喫茶店「ボナーロ」のマスター深水喜一(笹野高史)の娘・深水星良(入山法子)を殺害した少年A・宝生順平である事が判明した。

星良(入山法子)はカウンセラーで、宝生順平は患者だった。深水咲良(夏帆)は、姉・星良(入山法子)が殺害された理由を知るために、フリーライターになっていた。

その一方で、10億円強奪事件の犯人4人が拳銃で撃ち合って死亡した防犯カメラの映像が、フェイク動画である可能性が浮上し、「方来撮影所」がフェイク動画を制作した可能性が出てきた。

しかし、方来撮影所の社長・ファイター田中は、防犯カメラの映像について何も話そうとはしなかった。

ところが、ファイター田中の同級生だった南武修介(北村一輝)が「犯罪の片棒を担いでいる」と説得すると、ファイター田中は重い口を開いて、防犯カメラの映像は警察に頼まれて制作した事を明かした。

さて、遊佐清春(賀来賢人)は才門要(井浦新)を廃工場に呼び出して、婚約者の深水星良(入山法子)を殺された報復で、風間岳人を殺害し、それを偽装するためにフェイク動画を制作したのではないかと追求した。

すると、才門要(井浦新)は、深水星良(入山法子)が警察の極秘プロジェクトに参加しており、「危険な目に遭うかもしれない」と言っていたことを明かし、東堂銀行10億円強奪事件で強奪された10億円は、深水星良(入山法子)が参加していた警察の極秘プロジェクトの金だった事を教えた。

3年前、深水星良(入山法子)は警察の実態を暴こうとして、警察に殺されたのだという。

深水星良(入山法子)を殺害した宝生順平は、警察の犬で、宝生順平が警察の力で風間岳人として生まれ変わり、10億円強奪事件に関与して死亡した事は、あまりにも不自然だと話した。

しかし、才門要(井浦新)も黒幕が誰なのかは知らず、黒幕を探すために、仁科の懐に入り、事件の早期解決を引き受けた。

そこで、才門要(井浦新)は、本城諭(篠井英介)を脅して遊佐清春(賀来賢人)を犯人にしたてようとした。全ては黒幕を探すためだった。

碓氷薫(広末涼子)は、深水星良(入山法子)の親友で、殺された深水星良(入山法子)が何のプロジェクトに関わっていたのか調べることにして、警察の闇を暴くために、戦っていたが、殺害されたのだ。

才門要(井浦新)は、南武修介(北村一輝)が黒幕で、碓氷克喜(田野井健)の父親は南武修介(北村一輝)だと考えていた。

才門要(井浦新)は、「公安に着られた今、俺の居場所は警察に無い」と言い、遊佐清春(賀来賢人)に碓氷克喜(田野井健)を守るように頼むと、独自に捜査するため、みんなの前から消えたのだった。

その頃、碓氷克喜(田野井健)は喫茶店「bonnaro」で、感情が高ぶり、突然、暴れ出していた。

ニッポンノワール-第4話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する