朝ドラ「おちょやん」のあらすじとモデルのネタバレ

杉咲花が主演するNHKの朝ドラ「おちょやん」のあらすじとモデルのネタバレです。

■おちょやん-あらすじとネタバレ

大阪の貧しい家庭に生まれた竹井千代(杉咲花)は、小学校にも通わせてもらえず、9歳の時に奉公に出され、道頓堀の芝居小屋で女中として働き始めた。

しかし、竹井千代(杉咲花)は芝居の魅力に取り付かれ、奉公先を飛び出して京都へ逃げ、京都で芝居を始め、映画などに出演するようになった。

やがて、竹井千代(杉咲花)は大阪の劇団「鶴亀家庭劇」に参加し、プリンスと呼ばれていた天海天海(あまみ・てんかい)と出会い、結婚し、喜劇女優として活躍するようになるが、空襲を受けて「鶴亀家庭劇」は焼失した。

戦後、「鶴亀家庭劇」は劇団「鶴亀新喜劇」として復活したものの、竹井千代(杉咲花)は結婚生活が破綻し、芝居の世界から引退した。

しかし、花菱アチャコのラジオドラマに出演し、12人の子供を持つお母さん役を演じると、大きな反響を呼び、「大阪のお母さん」として人気を博し、大阪を代表する女優となった。

■朝ドラ「おちょやん」のモデルのネタバレ

朝ドラ「おちょやん」のモデルは、昭和の時代に活躍した大阪出身の喜劇女優・浪花千栄子です。オロナインH軟膏の看板の人という方が有名な人です。モデルの詳しいは、後日、追記します。

エンタツ・アチャコの花菱アチャコが登場するので、朝ドラ「わろてんか」ネタも期待できるかもしれません。

■ヒロインは杉咲花
朝ドラ「おちょやん」は、杉咲花です。朝ドラ「とと姉ちゃん」以来の2度目の出演です。チェズーと呼ばれていた杉咲花が、大出世したものです。TBSのドラマ「夜光観覧車」とか出ていた時が懐かしいです。

■脚本
脚本を担当するのは、TBSの「陸王」「半沢直樹」などを手がけた八津弘幸なので、結構期待できると思います。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-あらすじとモデルとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する