おちょやん-竹井千代(杉咲花)のモデルは浪花千栄子

NHKの朝ドラ「おちょやん」の竹井千代(杉咲花)のモデルのネタバレです。

■竹井千代(杉咲花)のあらすじ

竹井千代(杉咲花)は大阪の貧しい家庭に生まれ、小学校も満足に通えず、9歳の時に奉公に出された。

奉公先が芝居小屋で、竹井千代(杉咲花)は芝居小屋の女中として働き始めるが、華やかな芝居の世界に魅せられ、奉公先を逃げ出して京都で女優となり、その後、大阪の劇団「鶴亀家庭劇」に参加した。

竹井千代(杉咲花)は劇団「鶴亀家庭劇」で、喜劇俳優の天海天海(あまみ・てんかい)と出会って結婚し、喜劇女優として活躍したが、空襲で「鶴亀家庭劇」は消滅してしまう。

戦後、鶴亀家庭劇」は劇団「鶴亀新喜劇」として復活したが、夫の天海天海が不倫をしたため、竹井千代(杉咲花)は離婚して芸能界から引退した。

しかし、エンタツ・アチャコのラジオドラマに出演し、12人の子供を持つお母さん役を演じると、大きな反響を呼び、「大阪のお母さん」として人気を博し、大阪を代表する女優となった。

■竹井千代(杉咲花)のモデルのネタバレ

竹井千代(杉咲花)のモデルは、大阪を代表する女優・浪花千栄子です。

浪花千栄子(本名は南口キクノ)は、明治40年11月19日に大阪府南河内郡東板持町で養鶏業を営む南口家に生まれました。

家が貧乏だったため、8歳の時に大阪・道頓堀の弁当屋に女中奉公に出され、そこで芝居に魅せられました。

その後、浪花千栄子は京都で役者になり、東亜キネマ等持院撮影所を経て、「松竹家庭劇」に加わり、2代目・渋谷天外と結婚し、、「松竹家庭劇」「松竹新喜劇」の看板女優として活躍した。

しかし、夫の2代目・渋谷天外が女優・九重京子と不倫をして子供を作ったので、浪花千栄子は離婚をして芸能界から引退した。

その後、NHK大阪放送局のプロデューサー・富久進次郎に頼まれて、花菱アチャコのラジオドラマ「アチャコ青春手帖」に出演し、花菱アチャコの母親役を務めて人気を博した。

以降、浪花千栄子は花菱アチャコとコンビで、「アチャコほろにが物語・波を枕に」「お父さんはお人好し」にも出演して、「大阪のお母さん」として親しまれ、オロナインH軟膏の看板となった。

その一方で、映画「夫婦善哉」「蜘蛛巣城」「宮本武蔵」などに出演して大阪を代表する女優となり、映画界でも活躍していたが、昭和48年(1973年)12月22日に死去した。66歳だった。

なお、朝ドラ「おちょやん」のあらすじとネタバレは「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する