テセウスの船-原作のあらすじと犯人ネタバレ

竹内涼真が主演するTBSのドラマ「テセウスの船」の原作のあらすじと犯人のネタバレです。

このページには原作漫画「テセウスの船」の犯人や真犯人のネタバレが含まれていますので、犯人を知りたくない人は閲覧にはご注意ください。

■テセウスの船-1巻のあらすじとネタバレ

田村心の父・佐野文吾は、北海道の音臼村の警官だったが、28年前に音臼小学校無差別殺人事件の犯人として逮捕され、死刑判決が確定した。

しかし、父・佐野文吾は今もなお、獄中でえん罪を主張し続けており、再審査請求を出し続けていた。

田村心は事件後に生まれたので、父・佐野文吾の事は知らなかったが、加害者家族として肩身の狭い思いをして生きてきており、父・佐野文吾の事を怨んでいた。

さて、田村心は、加害者家族という事を受け入れてくれた由紀と結婚しており、由紀が子供を出産するが、由紀が出産時に死去してしまう。

すると、妻・由紀の両親が、孫を加害者家族にしたくないと言い、弁護士を通じて、子供を引き取ると言ってきた。

妻・由紀は生前、音臼小学校無差別殺人事件について調べ、当時の新聞にスクラップしており、音臼小学校無差別殺人事件の前に小さな事件が何件が起きている事を指摘し、父・佐野文吾はえん罪ではないかと言っていた。

田村心は、そのことを思い出し、父・佐野文吾がえん罪なら子供を手放さなくて済むと考え、父・佐野文吾の弁護士から話を聞くため、由紀の残したノートを手にして北海道へと向かったのだった。

そして、田村心は、弁護士に会う前に、事件が起きた音臼村を訪れると、白い霧に包まれ、28年前に起きた「音臼小学校無差別殺人事件」の半年前にタイムスリップしてしまうのだった。

(注釈:ここからの登場人物は、田村心以外は全て28年前の人物です。)

28年前にタイムスリップした田村心は、偶然、佐野家を訪れ、雪かきをしていて屋根から落ちて雪に埋もれていた姉を助けて病院へ運んだ。

本当は新聞配達員が姉を発見し、姉・佐野鈴は顔に大きな凍傷を負うのだが、田村心が発見したため、発見時間は早まり、姉は軽傷で済んだ。

田村心は、このことから、歴史が変わることを確信した。

さて、田村心は姉・佐野鈴を助けたことで、父・佐野文吾から感謝されるが、田村心は父・佐野文吾を犯罪者だと思っており、握手を拒否して立ち去った。

さて、歴史が変わる事を知った田村心は、妻・由紀のノートを見て、除草剤を飲んで死ぬ少女・三島千夏を助けるため、三島家の倉庫から除草剤を盗んで捨てたが、結局、三島千夏は死んでしまった。

田村心は、父・佐野文吾と三島千夏が歩いてる所を目的しており、父・佐野文吾を疑った。

しかし、田村心は除草剤を盗んでいるところを、三島千夏と新聞配達員に目撃されており、反対に父・佐野文吾から疑われるのだった。

父・佐野文吾は行く当ての無い田村心を公民館で寝泊まりさせようとしたが、母は娘の命の恩人だと言い、佐野家に泊めた。母親は妊娠しており、おなかに子供が居た。それが、田村心だった。

母は田村心が知っている母とは違い、明るく、元気だった。母は父が起こした事件の後、うつ病を患い、暗くなったのだ。

このため、田村心は、父・佐野文吾が犯人なのなら、殺してでも犯行を阻止しようと思い、半年後に起きる事件まで音臼村に滞在することに決め、仕事を探すことにした。

一方、父・佐野文吾は田村心の荷物を探り、未来の平成27年(2015年)に発行された運転免許証を発見し、ますます田村心を怪しむのだった。

■テセウスの船-2巻のあらすじとネタバレ

田村心は、妻・由紀のノートに記載されていた事件を全て止めることにして、雪崩で死亡する木村敏行に雪崩を忠告した。

木村敏行は田村心の忠告を聞き入れずに車で出かけて雪崩に遭うが、忠告を聞いていたので、間一髪で助かり、「未来が見えるのか?予知能力か?」と驚いた。

父・佐野文吾は、田村心が三島千夏を殺害した犯人だと考え、刑事・金子に田村心を引き渡そうとしていたが、木村敏行を助けた事や、未来の運転免許証から、刑事・金子に引き渡すのを止め、田村心に金子に引き渡すつもりだった事を打ち明けた。

一方、田村心は、父・佐野文吾が生まれてくる子供に「正義(せいぎ)」と名付けようとしていたことから、父・佐野文吾に「あなたにとって正義とは何ですか?」と尋ね、父・佐野文吾の「正義」を聞く。

すると、田村心は、父・佐野文吾が「音臼小学校無差別殺人事件」の犯人とは思えなくなり、2017年から来たことを明かした。

さて、助けた木村敏行の娘・木村サツキが音臼小学校で教師をしており、教師を目指していた田村心は音臼小学校で臨時教員として働けることになった。

田村心は5年生の担任となるが、生徒のほとんどは顔と名前が分かった。

5ヶ月後に音臼小学校の多目的ホールで青酸カリ入りのジュースを飲んで21人が殺害される。女教師・木村サツキと、5年生のほとんどが、その被害者だった。

ある日、音臼小学校で飼っているウサギが殺されるが、この事件は妻・由紀のノートに記載されていなかった。

しかも、木村サツキによると、生徒には教えていないが、以前にも数度、学校のウサギが殺されたのだという。

その一方で、田村心は妻・由紀のノートに記載されてる事件を止めるため、2週間後に老人・田中義男が死ぬ事を、父・佐野文吾に教えた。

田中義男の死因は心筋梗塞で事件性は無かったため、父・佐野文吾は、田中義男の自宅を訪れ、病院を受診するように勧めたが、田中義男は、目が悪く、町まで出るのは面倒だと言い、病院へ行くことを拒んだ。

しかし、話をしてみると、音臼小学校の子供達が田中義男の自宅を訪れて、田中義男の面倒を見ており、田中義男は子供達が来るのを楽しみにしていることが分かった。

そこで、田村心は「子供達のためにも元気になって欲しい」と説得して、往診を提案すると、田中義男は子供達のために医者の往診を受けることにした。

犯人は田中義男を狙おうとしていたが、田中義男が毎日、医者の往診を受けていたので、犯行に至ることが出来なかったようだ。

ある日、田村心と父・佐野文吾は、田中義男の様子を見に行き、田中義男の部屋で、子供達が詩を書いていたノートに、気持ち悪い絵が描いてあるのを見つける。

その絵は、人間が2人描かれており、そのうちの1人は黒く塗りつぶされていた。いったい、この絵は誰が描いたのか・・・。

■テセウスの船-3巻のあらすじとネタバレ

田中義男が死ぬ予定日がやってくる。死因は心筋梗塞で事件性は無かったが、田村心と父・佐野文吾は、念のため、死亡時刻まで田中義男の家に居る事にして、医者にも無理を言って田中家に残ってもらった。

そのようななか、母親から姉・佐野鈴が帰宅しないという連絡が来る。さらに、吹雪になっているのに、三島明音も帰宅しないと言い、三島明音の両親がやってきた。

田村心と父・佐野文吾は、田中義男の自宅で見つけた奇妙な絵は、佐野鈴と三島明音のどちらかが死ぬ事を意味しているのではないかと気づき、慌てて2人を探しに出た。

そのころ、三島明音は小屋の中に閉じ込められており、新聞配達員・長谷川翼にイタズラされていたのだった。

さて、いくら探しても2人は見つからないので、父・佐野文吾が、未来を知っている田村心に、娘の佐野鈴が無事なのか教えて欲しいと頼むと、田村心は三島明音が行方不明になるのは来月の出来事で、姉・佐野鈴については情報が無いことを教えた。

そのようななか、姉・佐野鈴が見つかるが、姉・佐野鈴は明音を知らないと言い、何も話そうとはしなかった。

一方、田中義男は予定日を過ぎても生きており、やはり過去は変わっていた

さて、いくら探しても三島明音は見つからなかった。父・佐野文吾は田村心に「未来の明音はどこで見つかった?」と尋ねると、田村心は三島明音は行方不明のままで見つかっていないことを教えた。

父・佐野文吾は、三島明音を探す手がかりを得るため、ノートを見せて欲しいと頼んだが、田村心はノートを見られると、「音臼小学校無差別殺人事件」の事を知られてしまうため、断固として拒否した。

そこへ、刑事・金子が尋ねてきたため、父・佐野文吾は裏口から田村心を逃がした。

裏口から逃げ出した田村心は、新聞配達員・長谷川翼が怪しいと思い、長谷川翼の自宅を訪れると、佐々木紀子という表札が出ており、佐々木紀子が応対に出たが、三島明音を探していると伝えると、佐々木紀子は何も言わずにドアを閉めた。

新聞配達員・長谷川翼は三島明音の写真を撮っており、佐々木紀子はその写真を見つけていたので、長谷川翼が犯人だと知っていた。

このため、佐々木紀子は、証拠となる写真を焼いたのだった。

さて、田村心は、佐々木紀子という名前に覚えがあったので、ノートを調べてみると、佐々木紀子は三島明音行方不明事件で事情聴取を受けており、青酸カリを飲んで死んでいた。

父・佐野文吾が「音臼小学校無差別殺人事件」で逮捕されたのも、佐野家から青酸カリが出てきたからだった。

音臼村のどこに青酸カリがあるのだろうか・・・。

さて、田村心は佐野家に戻り、父・佐野文吾に佐々木紀子の事を尋ねると、佐々木紀子は長谷川翼の婚約者で、「木村鍍金工場」で働いていると教えてくれた。

「鍍金(ときん)」とは「メッキ」の事で、メッキ工場なら青酸カリがあるはずなので、田村心は思わず「青酸カリ」と口走ってしまう。

父・佐野文吾は「三島明音行方不明事件に関係があるのか?」と尋ねたが、田村心は青酸カリが「音臼小学校無差別殺人事件」に使用されたことから、「いえ」と答えて何も話さなかった。

翌日、父・佐野文吾は木村鍍金工場を訪れると、佐々木紀子は風邪を引いて休んでいたので、気になって青酸カリについて尋ねると、木村鍍金工場から青酸カリが無くなっていた事が判明する。

そこへ、三島明音の物と思われる手袋が見つかったという知らせが入り、父・佐野文吾は確認のために捜査本部がある公民館へと向かったが、手袋は三島明音の物ではなかった。

一方、田村心は音臼小学校で子供達と遊んでいると、子供達が田中義男で見つけた奇妙な絵を見て、見覚えがあると言った。絵に描いてあった飛行機は、山小屋の風速計に似ているのだという。

そこで、田村心は父・佐野文吾と合流して山小屋に向かうと、山小屋の鍵が開いており、小屋の中でキーホルダーを発見する。

しかし、そこへ、刑事・金子が現れ、田村心は逮捕されてしまうのだった。

テセウスの船-原作の真犯人と黒幕のネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する