ニッポンノワール-江國光成(杉本哲太)の裏切り

北村一輝が出演する日本テレビの刑事ドラマ「ニッポンノワール」の第4話のあらすじとネタバレ後編です。

第4話の前編は「ニッポンノワール-第4話のあらすじとネタバレ」」をご覧ください。

■ニッポンノワール-第4話のあらすじとネタバレ後編

一方、南武修介(北村一輝)は机に盗聴器が仕掛けられているのを発見する。

そのとき、碓氷克喜(田野井健)から電話がかかってくる。

碓氷克喜(田野井健)は「母が亡くなった日に、僕と南武さんが一緒に写っている写真を持ってるんです。これって見つかったら、マズいですよね?」と尋ねた。

すると、南武修介(北村一輝)は碓氷克喜(田野井健)と会う約束をして電話を切った。

そして、南武修介(北村一輝)は盗聴器の近くへ行き、江國光成(杉本哲太)に電話をかけると、「碓氷の息子から電話があった。俺たちのアリバイを崩す証拠をもっているらしい。そこには、組織に関する情報も載っている。15時に遊園地だ。お前にも手伝って欲しい」と告げて電話を切った。

一方、遊佐清春(賀来賢人)は貴志正臣(栄信)を脅し、腕の良い闇医者の所に案内させ、闇医者に頼み事をした。

そして、遊佐清春(賀来賢人)は病院を出ると、スマートフォンに留守番電話が入っている事に気付き、再生すると、碓氷克喜(田野井健)が「これから南武(北村一輝)さんに会ってきます。母が死んだ日、南武さんと会ってたんです」というメッセージが入った。

遊佐清春(賀来賢人)が慌てて遊園地に向かうと、閉園中の遊園地に南武修介(北村一輝)と碓氷克喜(田野井健)が居た。

南武修介(北村一輝)は、江國光成(杉本哲太)を狙撃ポイントに配置し、碓氷克喜(田野井健)と盗聴器を利用して、才門要(井浦新)をおびき出そうとしていた。

遊佐清春(賀来賢人)は「相手の方が上手だった。おっさん(杉本哲太)は味方じゃ無い。貴女の命を狙っている。組織に買収されたんです。奥さんの臓器提供を餌に」と教えたが、江國光成(杉本哲太)に腕を狙撃されてしまう。

遊佐清春(賀来賢人)が「なんで、克喜(田野井健)を巻き込んだ。アンタの子供だろ」と怒ると、南武修介(北村一輝)は「まだ言ってるのか?俺の子なら、お前に預けない」と答えた。

遊佐清春(賀来賢人)は、無線で江國光成(杉本哲太)に、こちらの味方になれば、腕の良い闇医者が奥さんの臓器移植することを約束すると呼びかけ、説得した。

そこへ、散弾銃を持ったガスマスクの男が現れ、遊佐清春(賀来賢人)らに銃口を向け、碓氷克喜(田野井健)を撃とうとした。

すると、江國光成(杉本哲太)がガスマスクの男を狙撃して、遊佐清春(賀来賢人)らを助けた。

ガスマスクの男は走り去ったので、遊佐清春(賀来賢人)は追いかけ、倉庫でガスマスクの男を倒し、ガスマスクを外そうとしたところ、ガスマスクの男は遊佐清春(賀来賢人)にスマートフォンの画面を見せた。

すると、遊佐清春(賀来賢人)は気を失って倒れてしまった。

一方、南武修介(北村一輝)と江國光成(杉本哲太)は、碓氷克喜(田野井健)を連れて遊園地を出ようとしていた。

そのとき、江國光成(杉本哲太)は、南武修介(北村一輝)がライフルで狙われてるのに気付き、南武修介(北村一輝)の身代わりと成って撃たれたのだった。

さて、遊佐清春(賀来賢人)が気付くと、そこは才門要(井浦新)が運転する車の後部座席だった。

遊佐清春(賀来賢人)が「アンタの仕業だろ」と言い、才門要(井浦新)に襲いかかって暴れたが、才門要(井浦新)は「ルック・アット・ミー、俺を信じろ」と言うと、遊佐清春(賀来賢人)は大人しくなった。

すると、才門要(井浦新)は「あのガスマスクの男は、俺が追っている地下組織のメンバーだ。星良が関わっていた極秘プロジェクトを立ち上げた警察の地下組織・・・ニッポンノワール」と教えた。

才門要(井浦新)が「さっき、ガスマスクの男に何をされた?」と尋ねると、遊佐清春(賀来賢人)は「妙な画像を見せられて・・・」と言い、意識がなくなった時のことを思い出した。

遊佐清春(賀来賢人)は、薄れゆく意識の中で、碓氷薫(広末涼子)から「克喜(田野井健)は貴方の子供なの」と打ち明けられたことを思い出したのだった。

ニッポンノワール-第5話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する