同期のサクラ-離婚した火野すみれ(相武紗季)の苦悩

高畑充希が主演する日本テレビのドラマ「同期のサクラ」の第6話のあらすじとネタバレの後編です。

このページは「同期のサクラ-第6話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■同期のサクラ-第6話のあらすじとネタバレ後編

その後、火野すみれ(相武紗季)が北野桜(高畑充希)の部屋に娘ツクシを迎えに行くと、娘ツクシは「帰りたくない」と言い出した。

火野すみれ(相武紗季)が「言ってるでしょ。人に迷惑かけちゃダメだって」と注意すると、娘ツクシは「アレしちゃダメ、これしちゃダメ。ツクシは何をすれば良いの?お母さんの言うことを聞いてれば良いの?」と反論した。

火野すみれ(相武紗季)が「怒るわよ」と言うと、娘ツクシは「会社ではペコペコしてるくせに。母さんの仕事って謝ることなの?凄くかっこ悪いんですけど」と言った。

怒った火野すみれ(相武紗季)は「いい加減にしなさい」と言ってビンタすると、娘ツクシは「お母さんなんて大嫌い」と言い、部屋を飛び出し、父親の元に行ってしまった。

すると、火野すみれ(相武紗季)は、「ツクシを守る為に頑張ってきたのに」と泣き、北野桜(高畑充希)に、母親として、働く女性として悩んできたことを打ち明けた。

その日の夜、北野桜(高畑充希)は、祖父・北野柊作(津嘉山正種)にファックスで相談すると、「本当に辛いのは、自分に嘘を付くことだ」という返事が返ってきた。

さて、講演会の当日、北野桜(高畑充希)はツクシを連れて講演会に参加した。

ツクシが少し素直になっていたので、火野すみれ(相武紗季)が驚いて「あの子に何を言ったの?」と尋ねると、北野桜(高畑充希)は「お母さんが会社で謝ってばかりに見えたけど、アレは会社のために自分を殺しているからだと言いました。お母さんと一緒に居たいのなら、自分に嘘を付いちゃダメだとも言いました」と答えた。

火野すみれ(相武紗季)が母親としての自信が無いと漏らすと、北野桜(高畑充希)は「別に、良い母親である必要はないんじゃないでしょうか?子供にとって母親は側に居てくれるだけでいいんです。にっこり微笑んでくれるだけで良いんです」と話した。

さて、評論家・椿美栄子の講演会が始まるが、評論家・椿美栄子は短時間で話を終えると、本の販売を始めた。

北野桜(高畑充希)は、ずっと我慢して講演を聞いていたが、我慢の限界に達して意見しようとしたとき、火野すみれ(相武紗季)が立ち上がり、「予定よりもずいぶんと短くないですか?先生はご自分の本の宣伝に来たんですか?今日の講演を楽しみにしている人も居たのに」と批判した。

さらに、火野すみれ(相武紗季)は社長(西岡德馬)も「社長が先生を講演に呼んだのも、彼女が女性の活躍を推進する優良企業の認定委員会だから、持ち上げておけば、いずれウチの会社にもお墨付きを貰えると考えたからじゃないですか?」と批判した

社長(西岡德馬)が「そんなことを言ってどうなるか分かってるのか?」と怒ると、火野すみれ(相武紗季)は「別に構いません。私は今まで、働く女としても、ツクシの母親としても中途半端な人間だったけど、おかげで、これからどんなに辛いことがあっても、自分に嘘を付かないで生きていこうという決心が出来ました。娘や後輩のサクラを見習って」と答えて会場を出た。

すると、娘ツクシは火野すみれ(相武紗季)に飛びつき、「かっこよかったよ。お母さん大好き」と言った。

火野すみれ(相武紗季)も「好きなようにやりなさい。ツクシはツクシのままでいい」と言い、娘ツクシを認めた。

翌日、火野すみれ(相武紗季)は北野桜(高畑充希)の元を訪れ、「貴女は私みたいになったら、絶対にダメ、貴女は10年後もその先も、ずっとそのままで居なさい。私は貴女が羨ましい。自分の生き方を貫き通しなさい」と言い、北野桜(高畑充希)の生き方を認めた。

そして、火野すみれ(相武紗季)と北野桜(高畑充希)は親友の証として写真を撮ったのだった。

その日の夜、北野桜(高畑充希)は祖父・北野柊作(津嘉山正種)に、ファックスで出向になったことを報告した。

しかし、祖父・北野柊作(津嘉山正種)は心臓が悪いことを北野桜(高畑充希)には明かさなかった。

翌日、北野桜(高畑充希)は、人事部長・黒川森雄(椎名桔平)に呼ばれて会社に行くと、火野すみれ(相武紗季)が社史編纂室へ飛ばされた事を教えられた。

しかし、島にかける橋の着工が決まった事も教えられ、北野桜(高畑充希)は会社を飛び出したのだった。

同期のサクラ-第7話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク