テセウスの船-木村ミキオと加藤信也の犯人ネタバレ感想文

TBSのドラマ「テセウスの船」の原作に登場する木村ミキオと加藤信也の犯人ネタバレ感想文です。

■テセウスの船-木村ミキオと加藤信也の犯人ネタバレ感想文

「テセウスの船」のタイムスリップ(ループ系)のストリーで複雑なため、理解出来なかった人のために、簡単にネタバレしておきます。

2週目の現代で登場する木村ミキオと、3週目の28年前に登場する加藤信也は同一人物で、その正体は加藤ミキオです。

加藤ミキオは、佐野鈴の事が好きで、佐野鈴を手に入れるために、音臼小学校無差別殺人事件を起こして、佐野鈴の父・佐野文吾を犯人にしたてあげた。

そして、2週目の事件で加藤ミキオも青酸カリ入りの牛乳を舐めて自作自演を演じようとするが、重体となりってしまい、後遺症により下半身不随となって車椅子生活となった。

事件の後、教師・木村サツキが加藤ミキオを養子にしたので、加藤ミキオは木村ミキオとなった。

2週目の28年後、木村ミキオは佐野鈴(村田藍)を手に入れたが、佐野鈴は父親が音臼小学校無差別殺人事件の犯人として逮捕されたせいで変わり果て、好きだった佐野鈴ではなくなっていたため、計画は失敗だったことを悟る。

失望した木村ミキオは鎮魂祭で全員を殺害して自殺しようとするとするが、田村心に阻止されてしまう。

しかし、木村ミキオと田村心は深い霧に包まれ、28年前の音臼村にタイムスリップした。

そこで、木村ミキオは親戚の加藤信也を名乗って、子供の加藤ミキオに接触し、このままでは佐野鈴が変わってしまうことを教え、計画を変更させ、音臼小学校無差別殺人事件を止めた。

そして、加藤信也は、加藤ミキオを佐野鈴の正義の味方にして、田村心が佐野文吾を殺害して全ての罪を被って死のうとしたが、田村心と佐野文吾の殺害に失敗し、佐野文吾に撃たれて死んだのだった。

■「テセウスの船」の犯人の感想

私は「テセウスの船」を読んで不思議に思った事がある。

加藤ミキオは、佐野鈴の事が好きで、佐野鈴を手に入れるために、音臼村事件を起こしたが、疑問に思う点がある。

1週目の佐野鈴は、鼻の下にホクロがあり、鼻の下のホクロが原因で一部の児童から、からかわれており、10歳の時に手術してホクロを取った。

しかし、佐野鈴は、手術の翌年に凍傷で顔に大きなアザができたので、お化けと呼ばれて虐められてたので、運命は変わらないと言い、自分の呪われた運命を嘆いていた。

だから、1週目の佐野鈴は恋愛対象になるようなイメージでは無かったので、加藤ミキオが佐野鈴を得るために音臼村事件を起こすという設定に違和感が残った。

犯人の動機を「佐野鈴を手に入れるため」ということにするのであれば、もう少し佐野鈴のエピソードを入れた方が良かったと思う。

それに、私は子供を犯人にするのは反対なので、音臼村で起きた全ての事件は、28年前にタイムスリップした加藤信也の犯行にして欲しかった。

木村ミキオが第1巻の時点で28年前の音臼村にタイプスリップしており、加藤ミキオと佐野鈴をくっつけようと暗躍していたという結末の方が良かったと思う。

そうすれば、新聞配達員の長谷川翼は既に「平成」を予言していた伏線も回収できたと思う。

なお、「テセウスの船」の原作のあらすじとネタバレは「テセウスの船-原作のあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する