エール-関内安隆(光石研)のモデルは内山安蔵

二階堂ふみが主演するNHKの朝ドラ「エール」に登場する関内安隆(せきうち・やすたか)のモデルとネタバレです。

■エール-関内安隆(光石研)のあらすじ

朝ドラ「エール」の関内安隆(光石研)は、軍に納品する馬具を製造する会社を経営しており、音楽好きで、娘達にも楽器を習わせていた。

■関内安隆(光石研)のモデル

関内安隆(光石研)のモデルは、古関金子の父・内山安蔵です。

内山安蔵は陸軍の獣医部で働いており、定年後は愛知県豊橋市で馬具を作る工場を始め、豊橋市の陸軍第15師団に納品していた。

従業員も多く、山内家は裕福だったようだが、父・内山安蔵は、古関金子が12歳の時に死去してしまう。

父・内山安蔵の死後は、妻・内山ミツが事業を縮小して引き継いだ。

このように、関内安隆(光石研)は史実通りなら、関内音(二階堂ふみ)古山裕一(窪田正孝)と結婚する前に死んでしまうのだが、最近の朝ドラの傾向を見ていると、死なずに最終回まで生きているという展開になるだろう。

なお、朝ドラ「エール」のモデルやネタバレは、「エール-あらすじ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する