エール-関内光子(薬師丸ひろ子)のモデルは内山ミツ

NHKの朝ドラ「エール」に登場する関内光子(薬師丸ひろ子)のモデルのネタバレです。

■関内光子(薬師丸ひろ子)のあらすじ

朝ドラ「エール」に登場する関内光子(薬師丸ひろ子)は、関内音(二階堂ふみ)の母親である。

新しい時代には新しい生き方があると考えており、子供達には、それぞれ好きな道へと進ませたいと考えている。

■エール-関内光子(薬師丸ひろ子)のモデル

関内光子(薬師丸ひろ子)のモデルは、古関金子の母・内山ミツです。

内山ミツは、子供を7人も育てた肝っ玉母さんです。

夫・内山安蔵は軍の獣医部を定年退職して、愛知県豊橋市で馬具を作る工場を始め、豊橋市の陸軍第15師団に納品していたが、古関金子が12歳の時に死去してしまう。

内山ミツは、かなり気丈な人だったらしく、夫・内山安蔵の死後、事業を縮小しながらも工場を引き継ぎ、仕事を続けながら、子供達を育てました。

なお、朝ドラ「エール」のモデルやネタバレは、「エール-あらすじ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する