スカーレット-第12週のあらすじとネタバレ

戸田恵梨香が主演するNHKの朝ドラ「スカーレット」の第12週のあらすじとネタバレです。

■スカーレット-第12週のあらすじとネタバレ

川原喜美子(戸田恵梨香)十代田八郎(松下洸平)のコーヒーカップの製造を手伝い、コーヒーカップを無事に完成させる。

十代田八郎(松下洸平)は無事に賞を取り、川原喜美子(戸田恵梨香)と結婚し、川原家に住み始め、やがて、長男・川原武志(伊藤健太郎)が生まれるのだった。

■第12週の実話と解説
実話では、神山清子が「近江化学陶器」に在籍中に陶芸を始めており、夫となる神山易久が神山清子の元に通い、陶芸を見学していた。

やがて2人は交際に発展し、結婚を誓い合った。「近江化学陶器」は小さい会社だったので、直ぐに噂になった。

父親は苦労して土地を手に入れ、家も建てたので、一緒に住むのなら養子が欲しいと思っていた。神山易久の家庭の事情も気に入らなかったようで、2人の結婚には反対した。

神山易久は養子になる条件を受け入れたが、神山清子が養子を拒否して、嫁入りを望んだ。

これは私の想像だが、神山清子委は本姓を「金場」と言い、この「金場」という名字が朝鮮人の付ける名前に似ていてことから、朝鮮人扱いされて虐められてきたため、子供には「金場」という名字を名乗らせてないので、嫁入りを望んだのだろう。

その結果、神山清子が夫・神山易久の籍に入り、2人は清子の実家「金場家」で同居した。

朝ドラ「スカーレット」の第12週は、川原喜美子(戸田恵梨香)が結婚してどちらの籍に入るかという点が注目ポイントになりそうだ。

スカーレット-第13週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する