スカーレット-十代田八郎と松永三津の不倫(浮気)の実話のネタバレ

NHKの朝ドラ「スカーレット」の十代田八郎(松下洸平)の不倫相手と実話のネタバレです。

■スカーレット-十代田八郎の不倫相手は松永三津

朝ドラ「スカーレット」のストーリーが史実通りに進めば、十代田八郎(松下洸平)が弟子の松永三津(黒島結菜)と不倫する展開になるはずなので、先に浮気の実話をネタバレしておきます。

■十代田八郎と松永三津の不倫の実話ネタバレ

朝ドラ「スカーレット」のモデル神山清子は、火鉢の需要が落ちて「近江化学陶器」の会社が傾いてくると会社を辞めた後、工房を開いて、信楽焼で食器を作り、順調に仕事を増やしていた。

「近江化学陶器」に残っていた夫は、ライバル会社「日本陶飾」に引き抜かれたが、人間関係が上手くいかず、退職し、妻・神山清子の工房で働き始めた。

工房の弟子は神山清子を慕って集まっていたので、神山清子の夫については全く評価していなかったのだが、神山清子が事あるごとに夫をたてるので、弟子達も次第に夫を尊敬していった。

その後、神山清子は夫と共に、半地上型の窯を築いて本格的に信楽焼を開始すると、京都の美術商が夫の作品を気に入り、金銭的に支援してくれたが、この頃から夫が変わり始めた。

ようやく夫も認められ、これからと言うときに、夫は弟子の女性と不倫を始めた。

やがて、自動車事故によって夫と弟子の不倫が明るみに出ると、女性は工房でも人目をはばからず、夫に甘えるようになったという。

そうした一方で、夫婦で展覧会に出展しても、いつも賞を取るのは神山清子だけで、神山清子が賞を取る度に、夫は不機嫌になっていき、終いには窯にしめ縄を張り、「女性が窯に入ると穢れる」的な事を言い、神山清子を締め出した。

神山清子は、夫の不倫によって、妻の座も陶芸も奪われて苦しみ抜き、山の中をさまよい、自殺をしようとしたが、足が動かなくなり、思いとどまったという。

そのようななか、長男・神山賢一が夫に「好きなことをしてもいいですが、ケジメをつけてください」と告げると、夫は弟子の女性を連れて出て行ったのだった。

実話ではこのような流れて夫が不倫をして離婚に至るので、朝ドラ「スカーレット」でも、十代田八郎(松下洸平)が弟子の松永三津(黒島結菜)と不倫をして出て行くという流れになるでしょう。

ドラマ「アシガール」の黒島結菜がどのような修羅場を演じてくれるのか楽しみです。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-あらすじとモデルとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク