LADY 香月直也を殺害した犯人(黒幕)は香月舞子

ドラマ「LADY(レイディ)最後の犯罪プロファイル」の第2話が終了したので、LADYの黒幕と真犯人を予想してネタバレする。LADY第2話のあらすじは「LADY-最後の犯罪プロファイルのあらすじ」をご覧ください。

ここでは、文政大学の火事で死亡した心理学者・香月直也(鶴見辰吾)は黒幕に殺されたと仮定し、香月直也を火事にみせかけて殺害した人物を、「LADY(レイディ)最後の犯罪プロファイル」の真犯人や黒幕と定義して、黒幕を予想する。

私の予想では、香月直也を殺害した犯人(黒幕)は、姉の香月翔子(北川景子)か妹の香月舞子(岡本杏理)である。

第1話で、妹の香月舞子(岡本杏理)がキッチンで執拗に手を洗うシーンがあり、その後にメンタルクリニック(精神科病院)の薬の袋が映る。

手を執拗に洗うのは、精神病(強迫性障害)の特徴である。その後にメンタルクリニックの袋が映るので、妹の香月舞子が精神病(強迫性障害)だと推理できる。

しかし、病院の袋はミスリードで、香月舞子は強迫性障害ではない。本当の精神病患者は香月翔子(北川景子)なのである。

姉の香月翔子(北川景子)は、クライムシーン分析のために殺人現場(事件現場)へ行くと、犯人が乗り移って事件を再現する。

また、第2話では香月翔子は、表れたり消えたりするグレイタイプの宇宙人のような影を目的している。

これらは、香月翔子(北川景子)が精神病であることを表している。香月翔子が精神病なのだから、香月翔子の部屋にメンタルクリニック(精神病院)の袋があっても不思議ではない。

では、妹の香月舞子(岡本杏理)が執拗に手を洗う行為は何を意味するのか。ただの潔癖症とも考えられるが、殺人犯の可能性も考えられる。

殺人犯は、手に着いた血が落ちないという幻覚に駆られ、執拗に手を洗い続けることがあるからだ。「LADY(レイディ)最後の犯罪プロファイルの黒幕と真犯人」へ続く。

LADY 香月直也を殺害した犯人(黒幕)は香月舞子へのコメント

根拠はありますが めんどいんでいいませんが  黒幕は
哀川 翔 さんですよ  4話ぐらいに気づきましたw!!

  • 投稿者-
  • 巽 天才死刑囚
  • -2011年3月5日

コメントありがとうございます。私も犯人・黒幕(LADYキラー)は今泉メンタルクリニックの今泉医師(哀川翔)だと思います。

第4話で、今泉医師(哀川翔)が香月舞子(岡本杏理)に処方した薬が、「トレドミン」「パキシル」「ジェイゾロフト」だったので、怪しいと思いました。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2011年3月5日