スカーレット-十代田いつ子(そよだ・いつこ)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する十代田いつ子(しゅはま・はるみ)のモデルとネタバレです。

■スカーレット-十代田いつ子のネタバレ

十代田いつ子は、十代田八郎(松下洸平)の姉で、所業夫人となり、死んだ両親の代わりに十代田八郎を育て上げ、大学を卒業させた。いつも、親代わりとして、十代田八郎の幸せを願っている。

八郎が川原喜美子(戸田恵梨香)と結婚する時に登場するようだ。

なお、十代田家は8人兄弟で、十代田いつ子は5番目、十代田八郎は8番目である。

■スカーレット-十代田いつ子のモデル

十代田いつ子のモデルは家系図的に言えば、神山清子の夫・神山易久の姉ということになるのですが、スカーレットのオリジナルキャラクターと考えよいでしょう。

たしか、夫・神山易久は結婚の時点で、母親は健在で、下に兄弟が居り、夫・神山易久が近江化学陶器の給料で実家の家計を支えていました。

神山清子の父親は、「養子が欲しい」「神山易久の家庭の経済事情に不満がある」という2点で、神山清子と神山易久の結婚に反対しました。

ちなみに、十代田いつ子を演じる「しゅはま・はるみ」は、映画「カメラを止めるな」で監督の妻を演じて居た人です。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-あらすじとモデルとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク