スカーレット-医師・大崎茂義(稲垣吾郎)のモデルとネタバレ

朝ドラ「スカーレット」に登場する医師・大崎茂義(稲垣吾郎)のモデルとネタバレです。

■医師・大崎茂義(稲垣吾郎)とネタバレ

大崎茂義は、川原喜美子(戸田恵梨香)の長男・川原武志(伊藤健太郎)の主治医です。

■医師・大崎茂義(稲垣吾郎)のモデル

大崎茂義(稲垣吾郎)は第21週から登場して、倒れた長男・川原武志(伊藤健太郎)を白血病だと診断するようなので、モデルは神山賢一を白血病だと診察した医師になります。

川原武志(伊藤健太郎)に「ドナーが見つからなければ2ヶ月で死ぬ」と余命宣告をする役どころになるでしょう。

モデルは神山賢一はドナーが見つからず、血液の型が一部一致した叔母・静子から骨髄移植を受けるのですが、移植手術は名古屋の病院で受けているので、手術を担当する医師は別に居ると思います。

おそらく、大阪編の荒木荘に住んでいた医学生・酒田圭介(溝端淳平)が名古屋の病院に居り、川原武志(伊藤健太郎)の移植手術を担当するという展開になると思います。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する