スカーレット-医師・大崎茂義(稲垣吾郎)のモデルとネタバレ

朝ドラ「スカーレット」に登場する医師・大崎茂義(稲垣吾郎)のモデルとネタバレです。

■医師・大崎茂義(稲垣吾郎)とネタバレ

大崎茂義は、川原喜美子(戸田恵梨香)の長男・川原武志(伊藤健太郎)の主治医です。

■医師・大崎茂義(稲垣吾郎)のモデル

長男・川原武志(伊藤健太郎)のモデル・神山賢一は29歳の時に白血病を発症します。

そして、神山賢一に関わる医師は、2人居ます。

1人目は、最初に神山賢一を白血病だと診断した医師です。

そして、2人目は、神山賢一に骨髄移植を行った名古屋の医師です。

3月上旬に登場するということで、まだエピソードなどが分かっていないのですが、おそらく、大崎茂義(稲垣吾郎)は名古屋の主治医だと思います。

ところで、もう忘れている人も居るかもしれませんが、大阪編の荒木荘に医学生・酒田圭介(溝端淳平)が居ました。

てっきり、酒田圭介(溝端淳平)が医者になって川原武志(伊藤健太郎)の主治医になるのだと思っていたのですが、大崎茂義(稲垣吾郎)が主治医に決定ということで予想を外してしまいました。

酒田圭介(溝端淳平)は小児科を目指して居たのですが、どうなってしまったのでしょうか?

下着デザイナーの荒木さだ(羽野晶紀)や、新聞記者の庵庵堂ちや子(水野美紀)は何の意味があったのだろうか?

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する