スカーレット-石井真奈(いしい・まな)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する事務員の石井真奈(いしい・まな)のモデルとネタバレです。

■石井真奈(松田るか)のネタバレ

朝ドラ「スカーレット」に登場する石井真奈(松田るか)は、信楽窯業研究所の事務員で、川原武志(伊藤健太郎)と恋愛関係に発展します。

■スカーレット-石井真奈(松田るか)のモデル

実在のモデルは、神山清子の長男・神山賢一と交際していた女性です。モデルとなった女性は一般人なので、「彼女」と表記します。

神山賢一は彼女と結婚の約束をしていたのですが、平成2年(1990年)に白血病を発症したため、彼女に別れを告げます。

彼女は白血病になっても神山賢一との結婚を望みましたが、神山賢一はそれを拒否して別れました。

神山賢一が白血病に感染した平成2年(1990年)は、白血病に対する差別があり、神山賢一は彼女やその家族に差別が及ぶのを恐れ、別れたのです。

ちょうど、1980年後半に血友病患者への薬害エイズ問題が起きており、そうした影響で白血病患者も差別されていたのだと思います。

こうした実話から考えると、石井真奈(松田るか)は川原武志(伊藤健太郎)と交際するのですが、川原武志が白血病を発症したときに破局します。

川原武志のモデルとなった神山賢一は、発症から2年後の平成4年(1992年)4月に死んでしまいまったのですが、実は、その後に、ちょっとしたエピソードがあります。

NHKが朝ドラ「スカーレット」の制作を決定すると、神山清子は自分がモデルになって朝ドラが制作される事に驚きました。

そして、平成30年に朝ドラ「スカーレット」の制作が発表されると、神山清子の工房に1人の女性が尋ねてきました。

最初はお客さんかと思っていたのですが、話を聞いてみると、なんと、女性は神山賢一と結婚の約束をしていたと言うのです。

神山清子は、入院中の神山賢一と色々話をしていたのですが、神山賢一は彼女の話しは一切しませんでした。

それに、神山清子は、神山賢一を、男としてはちょっと物足りないと思っていたので、神山賢一に結婚を約束していた相手が居たことを知り、自分が朝ドラのモデルになったこと以上に驚いたのでした。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレと感想」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する