冬のサクラの感想はつまらない

和製チェ・ジウこと遊井亮子が出演するドラマ「冬のサクラ」の視聴率と感想です。第1話の視聴率は14.5%でした。冬のサクラのあらすじは「冬のサクラのあらすじ」をご覧ください。

ドラマ「冬のサクラ」が始まった。ドラマ「冬のソナタ」を全面に押し出していたので、「つまらない」という前評判だったが、観てみるとストリーは面白かった。

ただ、冬のサクラは犯人や黒幕が登場しないので、私には面白くない。それに、TBS恒例のプレゼントクイズが無いので、つまらない。プレゼントクイズが無い意味が分らない。

主人公の稲葉祐(草なぎ剛)は、底なしに良い人だった。ヒロインの石川萌奈美(今井美樹)は、鳥かごに入れられた人妻である。この2人がどうやって不倫に発展していくのか。

第1話で死亡した母親の稲葉百合(吉田日出子)は、恋多き女で、若い頃は男を作っては稲葉祐(草なぎ剛)や稲葉肇(佐藤健)を残して、家を出ていた。だから、稲葉祐は父親を知らない。

当然、稲葉祐(草なぎ剛)の父親は別の女性との間に子供を作っており、出演者の相関図の中に、稲葉祐の異母兄弟が居るはずである。その異母兄弟は、単純に考えれば石川萌奈美(今井美樹)だろう。

ただ、母親の稲葉百合(吉田日出子)も家出している間に、出産している可能性がある。父親と母親とが別々に子供を作っていれば、もう少し複雑になるだろう。

両親がそれぞれに子供を作っていれば、石川萌奈美(今井美樹)のほかにも、石川航一(高嶋政伸)と向井安奈(加藤ローサ)が稲葉祐(草なぎ剛)の兄弟の候補になる。

稲葉祐(草なぎ剛)の父親と石川章子(江波杏子)の間に生まれたのが石川航一(高嶋政伸)で、母親の稲葉百合(吉田日出子)が謎の男性と産んだのが石川萌奈美(今井美樹)と考えられる。

稲葉祐(草なぎ剛)ばかりが不幸なのではかわいそうなので、弟の稲葉肇(佐藤健)も不幸にするため、向井安奈(加藤ローサ)も母親の稲葉百合(吉田日出子)が産んだと予想する。

もう1つの謎は石川航一(高嶋政伸)の不倫相手である。不倫相手の女性は手首に星が付いたブレスレットをしている。この不倫相手が向井安奈(加藤ローサ)の可能性があるが、第1話では不倫相手の正体は分らない。

和製チェ・ジウの遊井亮子が、冬に咲く桜「啓翁桜(けいおう桜)」を育てるハウス農家で、稲葉祐(草なぎ剛)に恋愛感情を持つ村瀬千尋を演じている。

村瀬千尋(遊井亮子)が山形在住なので、稲葉祐(草なぎ剛)は東京と山形を往復する展開となるのかもしれない。