スカーレット-川原武志(伊藤健太郎)が白血病で死ぬ献体登録のネタバレ

NHKの朝ドラ「スカーレット」の川原武志(伊藤健太郎)が白血病で死ぬ考察と史実のネタバレです。

朝ドラ「スカーレット」のあらすじとネタバレは「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■スカーレット-川原武志(伊藤健太郎)が白血病で死ぬ

十代田八郎(松下洸平)が弟子・松永三津(黒島結菜)と不倫をしなかったので、川原武志(伊藤健太郎)も助かるのではないでしょうか?という質問を頂いたので、私の予想を紹介します。

確かに、十代田八郎と弟子・松永三津は不倫をしなかった。それに、史実では死んでいるにもかかわらず、朝ドラでは最終回まで生きていたというケースはよくある。

しかし、私は、川原武志(伊藤健太郎)が史実通りに白血病で死ぬと考える。

なぜなら、川原武志(伊藤健太郎)のモデルとなった神山賢一は、白血病で死んだ後、献体に出されているからだ。

史実では、平成2年(1990年)2月、神山賢一は29歳の時に白血病を発症し、ドナーが見つからなければ死ぬと余命宣告を受けた。

兄弟間の適合率は25%だったが、姉・神山久美子とは適合しなかったため、知人が「神山賢一を救う会」を立ち上げてドナーを探した。

しかし、適合者は見つからなかったため、神山賢一はHLAが一部一致した叔母・静子から骨髄移植を受けた。

これにより、神山賢一は回復に向かっていたのだが、白血病が再発してしまい、平成4年(1992年)4月21日に死去した。31歳だった。

神山賢一は白血病が再発した時点で死亡が確定しており、母・神山清子は、あまりにも早い息子の死を受け入れられなかったため、神山賢一が死ぬ前に献体登録を提案していた。

献体というのは、死後、遺体を医大に提供して医学の発展のために利用してもらうことだ。

献体に出すと、死後2年間は遺体が安置され、医大へ行けば、いつでも息子・神山賢一に会えるので、母・神山清子は遺体が安置される2年間で気持ちを落ち着かせようと考えたのである。

こうして、神山賢一と母・神山清子は一緒に献体登録をしていたので、神山賢一は死後、滋賀医科大学に献体に出され、2年後に献体の役目を終えると、平成6年(1994年)5月に比叡山延暦寺で献体法要され、帰宅した。

こうした実話から考えると、間違いなく、朝ドラ「スカーレット」でも献体登録のエピソードは登場し、ストーリー終盤の山場となるだろう。

早すぎる息子の死に直面した川原喜美子(戸田恵梨香)が、献体登録という道を選ぶ心の葛藤をエグるように描くことこそ、脚本家の力量を発揮するシーンであり、演じる戸田恵梨香の最大の見せ場になるからだ。

そして、川原武志(伊藤健太郎)が献体登録するということは、死亡フラグであり、すなわち死を意味する。

したがって、私は、川原武志(伊藤健太郎)が体登録をして白血病で死ぬという結末を迎えると考える。

しかし、視聴者の、川原武志に助かって欲しいという熱いエールが脚本家に届けば、川原武志の生存エンドという可能性は十分にあると思う。

なぜなら、実際にドナーが見つかって白血病が治る人も大勢居るからだ。

だから、私は、みんなのエールが脚本家に届き、川原武志(伊藤健太郎)の白血病が治ると信じている。エールよ届け!

エール-あらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スカーレット-川原武志(伊藤健太郎)が白血病で死ぬ献体登録のネタバレへのコメント

息子さんを生存よろしくお願いします

  • 投稿者-
  • だいちゃん
  • -2020年2月17日