10の秘密-第5話のあらすじとネタバレ

向井理が主演するフジテレビのドラマ「10の秘密」の第5話のあらすじとネタバレです。

  1. 10の秘密-原作のあらすじとネタバレ
  2. 10の秘密-第4話のあらすじとネタバレ

■10の秘密-第5話のあらすじとネタバレ

白河圭太(向井理)は、宇都宮竜二(渡部篤郎)に3000万円を要求しに行くと、宇都宮竜二は、証拠をコピーしておらず、全てハッタリではないかと告げた。

そして、宇都宮竜二は、USBメモリと引き換えに仙台由貴子(仲間由紀恵)に3億円渡した事を明かし、手帳と引き換えに、さらに3億円を渡す事になっていると教え、「由貴子と君では格が違う。真面目に働きなさい」と告げた。

仙台由貴子が3億円を受け取ることを知った白河圭太は、金貸し永盛の元を訪れ、ある取引を持ちかけた。

一方、石川菜七子(仲里依紗)は、白河瞳(山田杏奈)と伊達翼(松村北斗)が公園で話していたので、話しを盗み聞きする。

白河瞳は伊達翼に10年前の火事のことを相談しており、伊達翼は「そのとき、お父さんは何をしていた?」と尋ねたが、白河瞳は何も覚えていなかった。

すると、伊達翼は白河瞳に「本当にそれだけなのかな?他にも何か隠してるんじゃないかな。この際だから、しっかりと暴いた方がいいよ。10年前の事件の真相を」と告げた。

ある日、宇都宮竜二は仙台由貴子に3億円を渡し、死んだ矢吹の手帳を受け取った。

3億円を受け取った仙台由貴子は、車で帰宅していたところ、飲酒運転の検問に引っかかり、仕方なく車を止めて車を降りるが、いきなり、警官に催涙スプレーを吹きかけられてしまう。

そして、仙台由貴子は、警官とその仲間に3億円を奪われてしまうのだった。

一方、宇都宮竜二は、仙台由貴子から回収した矢吹の手帳を社長・長沼豊(佐野史郎)に渡した。

すると、長沼豊は、これで私が不正に関わった証拠は何も無いと言い、手帳を燃やした。

さて、宇都宮竜二が社長室を出ると、仙台由貴子から「私のお金をどこにやったの」と電話がかかってきた。

宇都宮竜二が驚いて「取られたの?俺が取るのなら、そもそも君に3億円を渡したりしない」と答ると、仙台由貴子は「今日、私たちが会うことを知ってた人間は?」と尋ねた。

宇都宮竜二が「私と長沼社長、もう1人、手帳と3億を交換すると話した相手が居る。でも、まさかね。君の元旦那さん」と教えると、仙台由貴子は「まさか。ありえない。こんな大がかりな事が彼に出来るはずが無い」と驚いた。

そのころ、白河圭太は金貸し永盛から、2億7000万円を受け取っていた。

白河圭太は、金貸し永盛に1割の報酬を提示し、仙台由貴子から3億円を奪うように依頼していたのだ。

さて、仙台由貴子は二本松謙一(遠藤雄弥)に白河圭太の事を調べさせると、白河圭太が金貸し永盛に会っていた事が判明した。

すると、仙台由貴子は「永盛がいれば、あのくらいのことは出来る」と言い、白河圭太からお金を取り戻すことにした。

仙台由貴子は合鍵を使って白河圭太の部屋に侵入するが、白河圭太に見つかり、お金を取り返せなかった。

その日、白河圭太は、白河瞳の元を訪れて、お金の問題は解決したので、志望校へ行くように告げるが、白河瞳は「まだ何か隠している。高校は公立にする。お婆ちゃんと暮らす」と言って立ち去った。

10の秘密-第5話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク