スカーレット-第23週のあらすじとネタバレ

伊藤健太郎が出演するNHKの朝ドラ「スカーレット」の第23週のあらすじとネタバレです。

  1. スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ
  2. スカーレット-第22週のあらすじとネタバレ

■スカーレット-第23週のあらすじとネタバレ

兄弟だと25%の確率でHLAが一致するが、非血縁者だと数万分の1の確率でしかHLAが一致しない。

だから、骨髄バンクが設立されていない時代は、兄弟間のHLAが一致しなければ、白血病の患者は、ほぼ助からないというのが現状だった。

つまり、川原武志(伊藤健太郎)は、兄弟が居ないという時点で、死亡フラグが立っているのである。

さて、朝ドラ「スカーレット」が実話通りに進めば、川原武志(伊藤健太郎)が白血病と診断されると、周囲の人が「川原武志くんを救う会」を立ち上げ、募金活動とドナー集めを開始するだろう。

川原喜美子(戸田恵梨香)は川原武志(伊藤健太郎)と親子展を開催して、ドナーを呼びかけ、この活動は滋賀県全体へ広がっていく。

しかし、実話では、ドナーが見つからないうえ、検査費用が自己負担だったので、「神山賢一君を救う会」は莫大な借金を抱えて解散し、モデルの神山清子は借金を被り、作品を売りながら借金を返済していくことになる。

朝ドラ「スカーレット」では、小池アンリ(烏丸せつこ)というATMが居るので、お金の問題は無いだろうが、ドナーは見つからず、身内からの骨髄移植という展開になるだろ。

そして、当時、白血病の治療が進んでいたのが名古屋だったので、朝ドラ「スカーレット」の舞台も名古屋へと移るだろう。

スカーレット-第24週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する