エール-落合吾郎(相島一之)のモデルとネタバレ

古関金子をモデルとしたNHKの朝ドラ「エール」に登場する落合吾郎(相島一之)のモデルとネタバレです。

■エール-落合吾郎(相島一之)のあらすじとネタバレ

落合吾郎(相島一之)は、古山裕一(窪田正孝)が勤務する川俣銀行の支店長で、工員たちをまとめるリーター的存在である。

落合吾郎(相島一之)は、密かに古山裕一(窪田正孝)の事を心配しており、古山裕一を応援している。

■落合吾郎(相島一之)の実在のモデル

古山裕一(窪田正孝)のモデル古関裕而は、実家の呉服屋「喜多三」を継ぐため、福島商業高校へと進学したが、在学中に呉服屋「喜多三」が倒産したため、後を継ぐ必要がなくなった。

そこで、音楽好きの古関裕而は、東京音楽学校を受験しようと思ったのだが、踏ん切りが付かないまま福島商業高校し、無職となった。

すると、川俣銀行を経営している叔父・伊藤茂平が、「人手が足りないので手伝って欲しい」と誘ってくれたので、古関裕而は川俣銀行に就職した。

ただ、資料を探してみても、支店長の落合吾郎(相島一之)に相当するよな人物は発見できなかったので、落合吾郎(相島一之)は朝ドラ「エール」のオリジナルキャラクターだと考えて良いでしょう。

なお、朝ドラ「エール」のあらすじとネタバレは「エール-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク