知らなくていいコト-第8話のあらすじとネタバレ

日本テレビのドラマ「知らなくていいコト」の第8話のあらすじとネタバレです。

  1. 知らなくていいコト-原作のあらすじとネタバレ
  2. 知らなくていいコト-第7話のあらすじとネタバレ

■知らなくていいコト-第8話のあらすじとネタバレ

退院した真壁ケイト(吉高由里子)は、週刊イーストに復帰早々、有名ラーメン屋のスキャンダルネタを掴み、取材を開始しようとした。

しかし、編集長・岩谷進(佐々木蔵之介)は、週刊イーストの上層部が真壁ケイト(吉高由里子)を問題視していることから、「右トップを取って上を黙らせろ」と言い、政治家の秘書が自殺した事件を調べるように命じた。

秘書は政治献金を受け取って自殺したのだが、3ヶ月分の帳簿が無くなっているのだという。

真壁ケイト(吉高由里子)が政治家の秘書の取材を開始するなか、他の週刊誌が「美人記者驚愕の正体」として、真壁ケイトが殺人犯・乃十阿徹(小林薫)の子供だと報じた。

上層部は真壁ケイト(吉高由里子)の自出を問題視したが、編集長・岩谷進(佐々木蔵之介)は「基本的人権を侵害する記事に屈しては成らない」と言い、上層部に抵抗して真壁ケイトを守った。

さて、真壁ケイト(吉高由里子)は取材する側から一転して、他の週刊誌の記者に付け狙われる側になってしまい、政治家の秘書の自殺を取材するどころではなくなってしまった。

しかし、真壁ケイト(吉高由里子)は、取材していた秘書の妻に助けられる。秘書の妻は、犯罪者の家族としてマスコミに追われた事があるので、真壁ケイトを助けたのだという。

秘書の妻は「追われる身の気持ちが分かったでしょう。もう放っておいてください」と言うが、真壁ケイト(吉高由里子)は自殺した秘書はえん罪だと言い、頼み込んで、帳簿を調べさせてもらった。

そのようななか、真壁ケイト(吉高由里子)は、マンションでも父親が殺人犯と言うことが噂となり、マンションにも帰れなくなってしまい、編集部で寝泊まりを開始する。
やがて、真壁ケイト(吉高由里子)は、秘書の妻が飼っていた犬の首輪から、政治献金の帳簿が入ったデータを発見する。

秘書は、全ての罪を被って自殺する代わりに、政治家から妻や息子の安泰が約束されたという遺書を残していた。

そして、遺書には、帳簿のデータをどうするかは、データを発見した人に委ねると書いてあった。

真壁ケイト(吉高由里子)が政治家の妻に「どうしますか」と判断を委ねると、政治家の妻は「命をかけて私や息子の生活を守ってくれた」と号泣すると、「貴女の雑誌で書いてください」と頼んだのだった。

こうして、真壁ケイト(吉高由里子)は右トップの大スクープを取り、政治家は逮捕された。

編集長・岩谷進(佐々木蔵之介)は、これで上も黙るだろうと安心したのだが、今度は上から、殺人犯の娘として生きる真壁ケイト(吉高由里子)に手記を書かせろと命じられるのだった。

知らなくていいコト-第9話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク