エール-双浦環(ふたうら・たまき)のモデルは野口英世の不倫相手

NHKの朝ドラ「エール」に登場する双浦環(柴咲コウ)のモデル三浦環に関するネタバレです。

■エール-双浦環(柴咲コウ)のモデルのネタバレ

朝ドラ「エール」に登場する双浦環(柴咲コウ)のモデルは、世界的なプリマドンナ三浦環なのですが、モデルの三浦環は数々の男性遍歴のある魔性の女だったのです。

三浦環は巨漢というイメージを持っている人が多いのですが、太ったのはアメリカでの食事のせいで、若い頃はスレンダーで美人でした。自転車に乗るだけで、見物人が出るようになり、付け文をされるようになったと言います。

数多くの男性に言い寄られていたので、女学生時代から、男性をあしらう術を身につけていたのですが、超有名人とも不倫していたという記録が残っているので、今回は三浦環の男性遍歴を紹介します。

まず、三浦環は東京音楽学校時代に滝廉太郎からピアノを学んでいるのですが、滝廉太郎と恋愛関係だったらしく、滝廉太郎からプロポーズされています。

三浦環は、1人目の夫・藤井善一と極秘結婚していたので、滝廉太郎からプロポーズされて困ったのですが、滝廉太郎がドイツ留学に出たので助かったと言っています。

その後、三浦環は、1人目の夫・藤井善一と離婚するのですが、離婚の原因は同僚のユンケル先生との不倫だったという話しも残っています。

(注釈:ユンケル先生とユンケル黄帝液は無関係です。)

そして、離婚後、2人目の夫・三浦政太郎と交際を始めます。

三浦政太郎は、東京帝国大学医学部で内科の権威・三浦謹之助の助手を務めるという有望な医者でした。

このため、三浦政太郎の同僚達が、三浦環が将来有望な三浦政太郎を誘惑したと騒ぎ、三浦環を捕まえて袋叩きにしようとしました。

結局、三浦環と三浦政太郎は、2人とも仕事を辞めてドイツ留学することに決め、三浦政太郎は留学費用を稼ぐためにシンガポールへと単身赴任します。

日本に残った三浦環は音楽活動を再開すると、新聞記者の千葉秀甫が仕事を持ってくるようになり、マネージャー的な存在となりました。この千葉秀甫も不倫相手だったという説があります。

ところが、千葉秀甫が三浦環に付きまとって結婚を迫るようになったので、三浦環は身の危険を感じて夫の居るシンガポールへと逃げました。

千葉秀甫はシンガポールまで三浦環を追いかけてきたのですが、シンガポールの総領事が「三浦環はドイツへ行った」と嘘を言い、千葉秀甫を追い払ってくれました。

その後、三浦環は夫と共にヨーロッパへ渡り、イギリスで主演したオペラ「蝶々夫人」が大ヒットし、アメリカでも成功して、世界的なプリマドンナとなりました。

夫の三浦政太郎は、帰国して日本で暮らすのですが、三浦環は直ぐに日本を離れてアメリカ巡業を続け、別居生活となります。

三浦環は、愛人フランケッティと巡業しており、愛人フランケッティがオペラ「浪子さん」を作ると、大人気の「蝶々夫人」を止めて、「浪子さん」を上演するようになります。

しかし、三浦環は、18歳の弟子ベアードに愛人フランケッティを寝取られてしまい、愛人フランケッティと弟子ベアードが結婚します。

朝ドラ「スカーレット」のモデル神山清子も、弟子に夫を寝取られているので、弟子による寝取られは、よくあることなのでしょう。

愛人を寝取られてしまった三浦環は、失意のどん底に落ち込み、帰国しようとしたのですが、夫の三浦政太郎が死んだという訃報が届き、もう帰る意味も無くなったので、そのままアメリカ巡業を続けました。

こうした騒動があったので、三浦環が日本に一時帰国したとき、新聞に「国辱的エロ婆さん」という投書が掲載されました。

他にも、三浦環は「日本人じゃ早川雪洲はよかったけど、野口英世は情事の相手としてはつまらない男だった」と話しており、俳優・早川雪洲や医師・野口英世とも不倫していたことが明らかになっています。

さらに、三浦環は死後、マネージャーの井上元佶を養子にして、財産を相続させているのですが、井上元佶も恋人だったという説があります。

朝ドラ「エール」で双浦環を演じるのは、艶容な柴咲コウなので、三浦環にぴったりなキャスティングだと思います。

双浦環(柴咲コウ)を観たら、滝廉太郎や野口英世の事も思い出してあげましょう。

なお、朝ドラ「エール」のモデルや実話のネタバレは「エール-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する