エール-木枯正人(こがらし・まさと)のモデルは古賀政男

NHKの朝ドラ「エール」に登場する木枯正人(野田洋次郎)のモデルとなる古賀政男のネタバレです。

■木枯正人(野田洋次郎)のモデルは古賀政男

木枯正人(こがらし・まさと)

木枯正人(野田洋次郎)のモデルとなる古賀政男は、本名を「古賀正夫」と言い、明治37年(1904年)に福岡県三潴郡田口村で、父・古賀喜太郞の子(8人兄弟の6番目)として生まれました。母は古賀セツです。

古山裕一(窪田正孝)のモデルとなる古関裕而は、明治42年生まれなので、古賀政男の方が5歳年上になります。

さて、父・古賀喜太郞は瀬戸物の行商をしており、非常に貧しい家庭でした。

そして、古賀政男は、7歳の時に父・古賀喜太郞が死んだため、兄の居る朝鮮半島へと渡り、親戚から念願の大正琴を譲ってもらい、耳コピで曲を弾くと、それを聴いた義姉が驚いて、五線譜の読み方を教えてくれるようになりました。

さらに、古賀政男は三味線を借りて弾くようになり、音楽の才能を発揮し始めるのですが、兄は「金儲けを覚えろ」という方針なので、京城善隣商業学校へと入りました。

そして、京城善隣商業学校時代に、大阪の兄からマンドリンをもらい、マンドリンを始めました。

マンドリンとは、ギターを小さくしたようなイタリアの弦楽器です。厳密に言うと、ギターやウクレレとは違う楽器です。

こうして少年時代を朝鮮で過ごした古賀政男は、京城善隣商業学校を卒業すると、帰国して、大阪の商店で働きました。

このため、「古賀政男は韓国人だった」という説が流れました。勘違いした韓国人から、「本当の名前を教えて欲しい」と頼まれたこともありました。

さて、古賀政男は大阪の商店で働いた後、明治大学の予科に入学し、マンドリン倶楽部の創設に関わりました。

さて、古賀政男が音楽院でマンドリンとギターを教えていると、中島梅子という女性が入門してきた。

やがて、中島梅子から師弟の関係を超えたいという熱烈なラブレターを受け取り、返事をすると、中島梅子は益々、情熱的になってきました。

古賀政男は中島梅子と結婚したいと思ったのですが、中島梅子は人妻で良い生活をしていたので、最終的に諦めました。

さて、古賀政男は大学を卒業する前に、マンドリン倶楽部の会計担当の大沼君「夏休みに僕の家に来いよ」と誘われ、大沼幸七と東北の温泉旅館に泊まります。

失恋や未来への絶望などから、古賀政男はカミソリを首に当てて、自殺しようとしたのですが、大沼幸七に見つかり、未遂に終わりました。

この失恋から「影を慕いて」という曲を作りると、マンドリン倶楽部の演奏会に呼んだ歌手の佐藤千夜子に見せると、佐藤千夜子がレコードに吹き込んでくれ、ビクターからレコードが発売されました。

このレコードは売れなかったのですが、日本コロムビアの目にとまり、専属契約を持ちかけられました。

(注釈:「影を慕いて」が売れたのは、日本コロムビアで藤山一郎が吹き込んだレコードです。)

しかし、古賀政男は「私は作曲家ではない。学校も10番以内で卒業したのだから、社員として雇って欲しい」と頼みました。

すると、日本コロムビアは、月2曲を作曲するノルマ付きでいいなら社員として雇うと言い、月給はいくら欲しいか尋ねました。

古賀政男は月60円で生活したいたので、80円を提示すると、日本コロムビアは「外資系の会社なので昇級は無い。その代わり120円出そう」と言うので、古賀政男は腰を抜かさんばかりに驚きました。

こうして、古賀政男は昭和6年に日本コロムビアの社員になるのですが、入社1作品目が好調だったので、日本コロムビアから作曲に専念して欲しいと言われ、専属作曲家となりました。

時を同じくして日本コロムビアに入社したのが、古山裕一(窪田正孝)のモデルとなる作曲家・古関裕而です。

日本コロムビアは、古関裕而と古賀政男を天秤にかけ、駄目だった方を切り捨てるつもりで、2人を入社させたのです。

契約したとき、古関裕而は月給200円で、古賀政男は月給120円だったので、古関裕而の方が期待されていたようです(小学校の教員の初任給が約50円でした)。

しかし、先にヒット曲を飛ばしたのは古賀政男でした。古賀は、歌手・藤山一郎とのコンビで「酒は涙か溜息か」を大ヒットさせます。

藤山一郎は本職の歌手ではなく、東京音楽学校の学生で、実家の借金を返すために、アルバイトでレコードに歌を吹き込んでいたのですが、レコードの吹き込みは校則で禁止されていました。

このため、歌手・藤山一郎は学校に隠れてレコードを吹き込んでいたのですが、「酒は涙か溜息か」が大ヒットしてしまったせいで、学校側にレコードの吹き込みがバレて、停学処分となってしまい、歌手活動を停止します。

こうして、歌手・藤山一郎を失った古賀政男は、人気が失速してしまうのでした。

一方、古関裕而は全くヒット曲が出ないので、クビになりかけていたのですが、古賀政男が日本コロムビアに「芸術家にスランプはつきものだ。それを理由に契約を左右されたら、安心して作曲出来ない」と抗議し、古関裕而を助けました。

同僚の古関裕而は、声楽家を目指す古関金子と結婚しており、2人3脚で頑張っていたので、古賀政男は古関夫婦の影響を受けて、歌手と結婚を望んだとも言われています。

古賀政男は歌手・小林千代子を目当てに、「ムーラン・ルージュ新宿座」へ足繁く通い、歌手・淡谷のり子を通じて小林千代子に結婚を申し込むのですが、小林千代子に断られてしまいます。

ところが、日本コロムビアの文芸部長・和田龍男が、名前を勘違いしたらしく、松竹の歌手・中村千代子に古賀政男との結婚を申し込み、OKの返事を取り付けました。

中村千代子は、好みのタイプとはかけ離れていたのですが、古賀政男は猛烈に結婚を望み、中村千代子と結婚します。

しかし、結婚生活はわずか10ヶ月で破滅。中村千代子は手記を発表し、離婚の理由について「夜の営みが無かった」「男性として不能だった」「同性愛者だった」などと批判しました。

歌手のディック・ミネも「古賀先生は女言葉を使うんだよ。ちょっと高い声なんだけど、口もと押えて『あらっ』なんて、しょっちゅうやってた。『ミネさん、好きにおやりなさいな』って、これ、『ダイナ』のとぎですよ」と証言しています。

また、ディック・ミネは、古賀政男から「釈迦の仏壇返し」というエッチな技を教わったと言い、「あの人、性的にちょっと変わったとこあってね。(下ネタが続くので中略)これじゃ、新婚の奥さんも逃げ出すよな」と証言しています。

さて、古賀政男は離婚にともなうゴタゴタやスランプが重なったので、伊豆で療養していたところ、関西のレコード会社「テイチク(帝国蓄音器商会)」から高給でヘッドハンティングされます。

テイチクは関東進出を狙っており、関東進出の第1弾として古賀政男に目を付けたのです。

古賀政男は、スランプに対して厳しい日本コロムビアに嫌気が差していたので、テイチクへ移籍すると、歌手・藤山一郎を引き抜いて黄金コンビを再結成し、数々のヒット曲を生み出しました。

その後、日本コロムビアへと復帰し、人気作曲家として活躍していたのですが、戦争色が濃くなり、戦時歌謡が流行するようになると、ヒット曲が書けなくなり、戦時中は低迷します。哀愁漂う古賀メロディーは、戦時歌謡と合わなかったのです。

これに対して、古関裕而は、流行歌が苦手で低迷していたのですが、古関メロディーは戦時歌謡とは相性が良く、戦時歌謡の「露営の歌」「暁に祈る」を作曲して大ヒットを飛ばし、一流作曲家の仲間入りを果たしました。

さて、戦後は明るい歌がヒットしており、古賀政男は哀愁漂う古賀メロディーでは辛気くさくてヒットしないと思って諦めていました。

ところが、村野鉄男(中村蒼)のモデル野村俊夫と手がけた「湯の町エレジー」が予想外の大ヒットして、一転して人気作曲家に復帰し、美空ひばり・島倉千代子・小林幸子などにもヒット曲を提供しました。

そうした一方で、「古賀ギター歌謡協会」を設立したり、日本作曲家協会の創設に尽力して、日本作曲家協会の会長に就任。大正琴の普及にも尽力しました。

このため、朝ドラ「エール」でも、木枯正人(野田洋次郎)は古山裕一(窪田正孝)のライバルでもあり、友でもあるという感じで描かれるでしょう。

なお、朝ドラ「エール」のあらすじやネタバレは「朝ドラ『エール』のモデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク