朝ドラ「エール」-団長・田中隆(たなか・たかし)のモデル

NHKの朝ドラ「エール」に登場する早稲田大学応援団長・田中隆(三浦貴大)のモデルのネタバレです。

■エール-田中隆(三浦貴大)のモデル

田中隆(三浦貴大)
早稲田大学応援部の第5代団長として登場する田中隆(三浦貴大)のモデルは、田村団長です。

昭和の初期は、まだプロ野球も無かったので、早稲田大学と慶應義塾大学の野球対決「早慶戦」が全国的な注目を集めていました。

そのようななか、早稲田大学は昭和5年度の早慶戦で慶應義塾大学に惨敗してしまいました。

すると、早稲田大学の応援部は、応援歌で負けているから野球も負けるんだと言いだし、新しい応援歌を募集して、早稲田大学高等師範部3年生・住治男の「紺碧の空」を応援歌の歌詞に選びました。

しかし、住治男の「紺碧の空」に曲を付けるのは難しく、歌詞の選考を務めた西條八十が、大金を積んで有名な作曲家に依頼するように助言する程でした。

このため、誰に曲を依頼するかが問題になります。早稲田大学は既に有名な作曲家だった中山晋平や山田耕搾に応援歌を作って貰っているのですが、ライバルの慶應義塾に勝っていませんでした。

そこで、応援部の幹部・伊藤茂が、古山裕一(窪田正孝)のモデルである古関裕而に作曲を依頼することを主張しました。

当時、古関裕而は日本コロムビアの専属作詞家として契約したばかりで、仕事も無く自宅待機しており、無名の新人でした。

しかし、伊藤茂は、佐藤久志(山崎育三郎)のモデル伊藤久男の従兄弟だったため、古関裕而の事を知っていたのです。

伊藤茂が「実績は無いけど、未来はある」と言って早稲田大学の応援部を説得し、古関裕而に「紺碧の空」の作曲を依頼しました。

古関裕而は「紺碧の空」の作曲を引き受けたのですが、応援歌を手がけるのは初めてなので、思うように作曲は進みません。

田中隆(三浦貴大)のモデル田村団長らは、応援歌によって早稲田大学の運命が左右されるので、機が機では無く、連日のように古関裕而の部屋に詰めかけた。

関内音(二階堂ふみ)のモデル古関金子は、大男7~8人が毎日のように部屋に押し寄せてきて、部屋の中でウロウロとするので、部屋の床が抜けるのではないかと心配した。

その後、古関裕而は発表会の3日前に曲を完成させると、応援部から「難しすぎる」という意見がたが、古関裕而は自信があったので、変更せずに発表した。

その結果、早稲田大学は早慶戦で大勝利し、「紺碧の空」と共に古関裕而の名前が広まりました。

これが切っ掛けで、古関裕而は「日米野球行進曲」「阪神タイガースの歌(六甲おろし)」などのほか、読売ジャイアンツや中日ドラゴンズの歌を作曲することになります。

大河ドラマ「いだてん」では、応援団「天狗クラブ」の応援が話題になったので、朝ドラ「エール」で団長の田中隆(三浦貴大)がどのような応援を見せてくれるのか注目したいと思います。

さらに、朝ドラ「エール」のあらすじやモデルのネタバレを知りたい方は、「朝ドラ『エール』のモデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する