エール-第6週「留学中止」のあらすじとネタバレ

古関金子をモデルとするNHKの朝ドラ「エール」の第6週「留学中止」のあらすじとネタバレです。

第6週以前のあらすじは「エール-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■エール-第6週のあらすじとネタバレ

古山裕一(窪田正孝)は、父・古山三郎(唐沢寿明)の電報を受けて福島に戻ったが、全て上手くいったというのは古山裕一を呼び戻すための嘘だった。

父・古山三郎(唐沢寿明)は家族の説得に失敗しており、権藤茂兵衛(風間杜夫)を始め、家族全員がイギリス留学するのに結婚するのはおかしいと言い、結婚に反対していた。

古山裕一は関内音(二階堂ふみ)が居なければ作曲が出来ないと説得するが、古山裕一の代わりに呉服屋「喜多一」を継いだ弟・古山浩二(佐久本宝)が「自分勝手すぎる」と激怒した。

古山裕一は恩師・藤堂清晴(森山直太朗)に相談するが、藤堂清晴も「何かを得たければ、何かを諦めなければならない」と諭した。

そこで、古山裕一は結婚を諦めて留学を選び、関内音に結婚は出来ないという手紙を出した。関内音から何通も手紙が来たが、読まなかった。

そのようななか、世界恐慌の影響でイギリス留学の話しが取り消しとなり、古山裕一は音楽の夢も結婚も失ってしまったのだった。

父・古山三郎(唐沢寿明)が手紙で関内音(二階堂ふみ)にイギリス留学の件を報告すると、帝国音楽学校の受験で東京に居た関内音は福島を訪れるが、古山裕一は会う資格が無いと言い、会ってくれなかった。

関内音は、念願の帝国音楽学校に合格したが、古山裕一の事で頭がいっぱいで、喜べなかった。

そのようななか、関内音は、妹・関内吟(松井玲奈)の見合い相手・鏑木智彦の叔父・廿日市誉(古田新太)が「コロンブスレコード」で働いている事を知る。

そこで、関内音は廿日市誉に会いに行き、国際作曲コンクールで2等になったと言い、古山裕一の事を売り込むが、廿日市誉は相手にしなかった。

しかし、その後、廿日市誉から古山裕一と専属契約をしたいという連絡がった。

喜んだ関内音は、福島へ行き、古山裕一(窪田正孝)に専属契約の話をした。

すると、新聞記者・村野鉄男(中村蒼)も「俺も東京へ行って作詞をする」と言い、古山裕一に上京を勧めた。

しかし、古山裕一(窪田正孝)は、音楽の道に進むか、家族のために権藤家を継ぐのかで迷い、直ぐに答えを出せなかった。

ところが、古山裕一は、権藤茂兵衛の話しを立ち聞きしていまい、自分は次の跡継ぎを儲けるための中継ぎ的な存在でしかないことを知り、上京して音楽の道を目指すことに決めたのだった。

エール-第7週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する