エール-小山田耕三(志村けん)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「エール」に登場する小山田耕三(おやまだ・こうぞう)のモデルとネタバレです。

■小山田耕三(志村けん)のネタバレ

小山田耕三(志村けん)は有名な作曲家で、古山裕一(窪田正孝)は小山田耕三の本で作曲を学んでおり、古山裕一の憧れの存在である。

小山田耕三は、古山裕一の才能を認め、「コロンブスレコード」に推薦し、古山裕一を「コロンブスレコード」の専属作曲家にした。

しかし、双浦環(柴咲コウ)が古山裕一の「船頭可愛や」
をレコードに吹き込むとになり、洋楽分門の「青レーベル」からレコードを販売することになると、「青レーベル」の小山田耕三は古山裕一の才能を恐れて反対するのだった。

スポンサードリンク

■小山田耕三(志村けん)のモデルは山田耕筰

小山田耕三(志村けん)のモデルは、童謡「赤とんぼ」などで有名な作曲家・山田耕筰です。

古山裕一(窪田正孝)のモデルとなる古関裕而は、学生時代に山田耕筰の曲に夢中になり、山田耕筰の本を買って独学で音楽を勉強し、山田耕筰の事を尊敬していました。福島商業高校時代にファンレターを出し、手紙の交換しています。

古関裕而は、古関金子と結婚後、プロの音楽家としての道を模索するのですが、どこのレコード会社からも相手にされずに困っていました。

しかし、古関裕而は、日本コロムビア」で顧問をしていた山田耕筰の推薦により、「日本コロムビア」の専属作曲家になることが出来ました。

山田耕筰が古関裕而を「日本コロムビア」に推薦したのは、「山田耕筰は古関裕而の才能を恐れており、古関裕而がクラシック界に進出してくると自分の立場が危うくなるので、商業音楽に押し込めるためだった」という説がありますが、真偽は不明です。

また、古関裕而は山田耕筰から大きな影響を受けており、表向きには山田耕筰を尊敬していたことになっています。

しかし、史実の山田耕筰は女性関係(愛人問題)で色々とあったので、山田耕筰の女性問題を切っ掛けに、古関裕而は「こんなゲス不倫野郎に崇高な音楽など理解出来ない」と思うようなりました。

こうして、古関裕而にとって、山田耕筰は憧れの存在ではなく、いつか超えるべき目標へ変化したのです。

注釈:山田耕筰の実話エピソードはあるのですが、下ネタ過ぎて紹介できません。教科書に載るような人ではないと思います。

■双浦環(柴咲コウ)との関係

双浦環のキャストが柴咲コウで、小山田耕三のキャストが志村けんなので、朝ドラ「エール」では小山田耕三(志村けん)の方が年上なのですが、史実(モデル)は逆です。

双浦環のモデル三浦環は明治17年生まれで、小山田耕三は明治19年生まれです。史実では三浦環の方が2歳年上なのです。

しかも、小山田耕三は、三浦環の音楽の教え子なのです。

また、三浦環も不倫をしており、不倫スキャンダルで世間を騒がせました。

なお、三浦環の不倫騒動については「エール-双浦環(ふたうら・たまき)のモデルは野口英世の不倫相手」をご覧ください。

スポンサードリンク