竜の道-原作の感想文

フジテレビのドラマ「竜の道-二つの顔の復讐者」の原作の感想文です。

■竜の道-原作の感想文

ドラマ「竜の道」の原作となる白川道の小説を読んだ。竜一と竜二による復讐をテーマとした小説だった。

捨て子だった竜一と竜二は、福岡県北九州市で廃品回収業を営む夫婦に拾われ、無償の労働力としてこき使われ、悲惨な子供時代を過ごしてきた。

竜一と竜二は、世間から嫌われていたが、唯一、親切に接してくれたのが、美佐の両親だった。

しかし、急便業を経営していた美佐の両親は、二階堂急便に会社を乗っ取られ、無理心中を図って自殺した。そのとき、美佐は奇跡に助かったが、失明してしまった。

そこで、竜一と竜二は、美佐の両親を死に追いやった二階堂急便に復讐を約束した。

そして、竜一は、養父母を説得して、竜二を東京大学へと進学させると、両親と自分の身代わりを殺害して、自分は死んだことにし、斉藤一成を殺害して、斉藤一成になりすまして、裏社会を歩んだ。

一方、竜二は東京大学を首席で卒業すると、国土交通省の自動車交通局に入り、表社会でエリート街道を進んだ。

こうして、裏社会の竜一と表社会の竜二は協力して、二階堂急便に復讐を果たすために、動き出した。

しかし、これから復讐が始まるというところで、作者死亡により、原作は打ち切られたのはで、残念だった。

山崎豊子も小説「約束の海」の途中で死去したので、「約束の海」は完結しないまま終わったが、山崎豊子のメモが残っており、編集部が残りのあらすじを公開してくれていた。

白川道は、そういう小説の構想をメモに残していなかったのだろうか?

もし原作が続いていれば、竜一と竜二の復讐は成功すると思うが、盲目の予言者・吉野美佐は、竜二に、マユミは竜二にとって危険な存在だと言っているので、復讐は簡単には成就せず、結末までに一波乱も二波乱もありそうだ。

原作は未完なので、ドラマの結末は完全にオリジナルになる。どのような結末になるのか楽しみだ。

なお、「竜の道」の原作のあらすじとネタバレは「竜の道-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク