親バカ青春白書-原作とあらすじとネタバレ

ムロツヨシが主演する日本テレビのドラマ「親バカ青春白書」の原作とあらすじとネタバレです。

■親バカ青春白書-原作と主題歌

親バカ青春白書-原作と主題歌
主題歌 未定
原作 福田雄一のオリジナル脚本
放送局 日本テレビ
放送時間 日曜日の夜10時30分
放送開始日 2020年7月
出演者 ムロツヨシ・永野芽郁など

スポンサードリンク

■親バカ青春白書-あらすじとネタバレ

売れない小説家・小比賀太郎(ムロツヨシ)は、妻を病気で亡くしており、シングルファーザーとして一人娘のサクラ(永野芽郁)を育て上げた。

そのサクラ(永野芽郁)が、女子校を卒業して、男女共学の大学へと進学することになった。

父・小比賀太郎(ムロツヨシ)は、娘サクラ(永野芽郁)の事が好きすぎるので、サクラの事を心配して、密かに娘サクラと同じ大学を受験し、同じ大学に通うという馬鹿すぎる行動に・・・。

こうして、小比賀太郎(ムロツヨシ)は40歳を過ぎて大学生となり、娘サクラ(永野芽郁)と同じ大学に通うことになった。

娘サクラ(永野芽郁)は初めての共学を楽しみ、バイトやサークスなどに精を出し、大学生活を楽しもうとするのだが、事あるごとに小比賀太郎(ムロツヨシ)が首を突っ込んでくる。

そのようななか、娘サクラ(永野芽郁)の前に1人の男性が現われた。それを見た小比賀太郎(ムロツヨシ)は・・・。

スポンサードリンク