おちょやん-竹井千代と天海一平が結婚した実話のネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」の竹井千代(杉咲花)と天海一平(成田凌)が結婚した実話のネタバレです。

■おちょやん-竹井千代(杉咲花)の結婚と実話のネタバレ

竹井千代(杉咲花)は役者の天海一平(成田凌)と結婚するので、その実話を紹介します。

竹井千代(杉咲花)のモデル浪花千栄子は、8歳の時に道頓堀の仕出し料理屋へ女中奉公に出され、17歳の時に子供を食い物にする父親から逃げて京都へと行き、カフェー「オリエンタル」の女給となりました。

そして、浪花千栄子は同僚ユリちゃんの付き添いで、新人募集のオーディションに応募し、女優の道へと入ります。

このプロダクションは映画を1本も撮ること無く、解散してしまったので、浪花千栄子は田村栄子一座を経て、映画に出演するようになり、松竹の目にとまって松竹の専属女優となりました。

ところで、映画の出演料が少なかったので、浪花千栄子は、芝居茶屋「岡島」に住み込みで、お茶子の仕事をしながら女優の仕事をしていました。

このとき、芝居茶屋「岡島」の3階に松竹の渋谷天外が居候しており、渋谷天外と出会います。

このとき、渋谷天外は「松竹家庭演劇」に加わっていたのですが、「松竹家庭演劇」の女優が段々と抜けていったので、浪花千栄子を「松竹家庭演劇」に誘ったそうです。

さて、2人は交際を開始していたようようで、やがて、芝居茶屋「岡島」を出て、同棲を開始するのですが、2人の交際は秘密になっていました。

そのようななか、2人が食事をしていると、曾我廼家十吾が尋ねてきたので、渋谷天外は慌てて浪花千栄子をトイレに隠しました。

ところが、曾我廼家十吾がトイレを貸してくれというので、渋谷天外は困って浪花千栄子と交際している事を打ち明けました。

すると、曾我廼家十吾が結婚するように勧めたので、2人は昭和5年11年に結婚しました。浪花千栄子が23歳で、渋谷天外が24歳のことでした。

朝ドラ「おちょやん」のあらすじとネタバレは「おちょやん-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する