外交官・黒田康作-第2話のネタバレ 霜村瑠衣が逃げる

ドラマ「外交官・黒田康作」の第2話「今夜いよいよ東京編スタート!!」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。このページは「外交官・黒田康作-第2話のあらすじ」からの続きです。

霜村瑠衣(夏帆)は自宅に戻ると、大垣利香子(柴咲コウ)に「ありがとう。本当はちょっと怖かったんだ」とお礼を言い、「パパって本当に死んだのかな?あり得ないんだけど、似てた気がする」と話した。

その帰り、大垣利香子(柴咲コウ)は黒田康作(織田裕二)に電話をかけ、「入管で調べてた人は誰ですか。ストーカーの顔を一瞬見ました。もしかして、霜村さんは生きてるんじゃないですか?」と尋ねた。

しかし、黒田康作(織田裕二)は「霜村さんだと断言できるのか。君に求めているのは調査協力だ。不服なら降りてもらってもかまわない」と言って電話を切った。

そのころ、君島祐太朗(西島隆弘)はゲームセンターで男に金を渡していた。男は携帯電話で撮影した動画をネタに、君島祐太朗を脅しているのだった。

大垣利香子(柴咲コウ)は霜村瑠衣(夏帆)がストーカーをまいた時の防犯カメラの映像をチェックし、ストーカーが霜村毅(香川照之)だと確信する。そして、黒田康作(織田裕二)に報告した。

黒田康作(織田裕二)は霜村毅(香川照之)が「ロベルト・イシイ」に成りすましていることを教え、霜村毅の行方が掴めたかを尋ねた。
大垣利香子(柴咲コウ)は何も行方は分らないと答え、「メキシコ人が住んでいる所を調べてみます」と答えると、黒田康作(織田裕二)は「Nシステムは調べられるか?」と言い、2人はNシステムで、事故を起こしたメキシコ大使館員エルナンド(ダリオ)の車両を調べた。

車両を発見し、画像を拡大してみると、車の助手席には霜村毅(香川照之)が映っていた。

黒田康作(織田裕二)と大垣利香子(柴咲コウ)の2人はメキシコ大使館で開かれたパーティーに出席し、黒田康作はメキシコ大使館の館員エルナンド(ダリオ)に、「事故をもみ消したいのは助手席に乗っている人物を知られたくなかった。…ロベルト・イシイはどこに居る」と追求する。

しかし、霜村毅(香川照之)に似た人影を追って、メキシコ大使館内の立ち入り禁止区域に侵入していた垣利香子(柴咲コウ)が、館員に捕まり、騒ぎとなる。

黒田康作(織田裕二)が助けに入ると、垣利香子(柴咲コウ)は「上に居たんですよ。霜村毅が」と報告した。黒田康作は「今は騒がない方が良い」と言い、垣利香子を連れてメキシコ大使館を出た。「外交官・黒田康作-第2話の感想」へ続く。