エール-演出家・黒崎達治(くろさき・たつじ)のモデルとネタバレ

朝ドラ「エール」に登場する演出家・黒崎達治(くろさき・たつじ)のモデルとネタバレです。

■黒崎達治のモデルとネタバレ

朝ドラ「エール」に登場する黒崎達治は、「椿姫」の演出家で、古山音(二階堂ふみ)に何度もダメ出しをするというキャラクターです。

黒崎達治のモデルについては、ほとんどストーリーに登場しないし、朝ドラ「エール」の「椿姫」のエピソード自体が創作なので、現時点では特定できません、

ただ、私の直感では、「蝶々夫人」の演出で高い評価を受けた演出家・青山圭男という可能性があります。

しかし、仮に青山圭男がモデルだとしても、黒崎達治は出番が少ないので、特定は困難です。

もし、黒崎達治が朝ドラ「エール」の後半にも登場して、モデルが特定できた場合は、改めてお知らせします。

なお、朝ドラ「エール」のあらすじやネタバレは「エール-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する