おかえりモネ-永浦百音(ながうら・ももね)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」に登場する永浦百音(清原果耶)のモデルとネタバレです。

■永浦百音(清原果耶)のネタバレ

永浦百音(清原果耶)は、阪神・淡路大震災が発生した平成7年(1995年)に、自然豊な宮城県気仙沼市で生まれました。両親と祖母と妹の5人家族で、何不自由なく過ごしました。

2014年、フジテレビのご長寿番組「笑っていいとも」が終了し、消費税が増税されます。

この年、天真爛漫に育った永浦百音(清原果耶)は、ことごとく大学受験に失敗してしまったので、祖母の知り合いのおばあさんの元に身を寄せることになりました。

このおばあさんは、宮城県登米市で山を所有しているので、永浦百音(清原果耶)は、気仙沼市を出て、宮城県登米市に移り住み、おばあさんの山で、林業や山林ガイドの見習いの仕事を始めました。

そのようななか、東京から、人気お天気キャスターとして活躍する気象予報士がやってきました。

永浦百音(清原果耶)は気象予報士を山岳案内していると、気象予報士が「天気予報は未来を予測できる世界」と教えてくれたので、気象予報に興味を持ち、気象予報士の資格を取るために勉強を開始します。

気象予報士は合格率5%という超難関で、永浦百音(清原果耶)は何度も何度も不合格となり、くじけそうになるのですが、周囲の人に支えられ、ついに難関を突破して気象予報士の資格を取得しました。

こうして気象予報士になった永浦百音(清原果耶)は、上京して民間の気象予報会社で働き始めます。

永浦百音(清原果耶)は、漁業・農業・スポーツなどに関わる、大勢の人が天気に左右されるテイル事を知り、驚きながらも、失敗を繰り返しながら気象予報士として成長していきます。

そして、2019年、永浦百音(清原果耶)は、超大型台風が日本を直撃することを知り、これまでに学んだ気象予報士の知識が故郷の役に立てないかと考え、故郷の気仙沼へと戻るのだった。

スポンサードリンク

■永浦百音(清原果耶)のモデル

永浦百音(清原果耶)のモデルの候補が1人居るのですが、資料が全く無いので特定は難しいと思います。

スポンサードリンク