朝ドラ「おかえりモネ」-永浦百音(清原果耶)の名前の秘密の考察

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」に登場する永浦百音(清原果耶)の名前の秘密の考察です。

■おかえりモネ-永浦百音(清原果耶)の名前の秘密

朝ドラ「おかえりモネ」の主人公は永浦百音(ながうら・ももね)という名前です。

この名前を見て、気付いた方も多いと思います。

朝ドラ「おかえりモネ」の2つ前に放送していた朝ドラ「エール」の主人公の名前が関内音(二階堂ふみ)だったので、「音」という言葉が共通しています。

「そんなの偶然だ」と言われれば、それまでなのですが、ネタバレ的には単なる偶然とは思えないエピソードがあるのです。

朝ドラ「おかえりモネ」の前に放送していたのが、朝ドラ「おちょやん」です。

この「おちょやん」のモデルが、女優の浪花千栄子です。

浪花千栄子の「千栄子」という芸名は、師匠・田村栄子の「栄子」よりも「千」栄えるようにという願いを込めて、「千栄子」と名付けられました。

だから、浪花千栄子のエピソードを考えると、朝ドラ「おかえりモネ」の主人公「百音」という名前は、朝ドラ「エール」の主人公「音」よりも百倍ヒットするようにという願いが込められているのです。

もちろん、信じる信じないかは、アナタ次第です。

・・・ということで、今回は都市伝説風に、朝ドラ「おかえりモネ」の主人公・永浦百音(清原果耶)の名前について紹介していました。

なお、朝ドラ「おかえりモネ」のあらすじとネタバレは「おかえりモネ-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する