私たちはどうかしている-花岡七桜と高月椿の原作ネタバレ相関図

日本テレビのドラマ「私たちはどうかしている」に登場する花岡七桜(はなおか・なお)と高月椿(たかつき・つばき)の秘密をネタバレする相関図です。

このページは原作で描かれていた秘密をネタバレしているので、秘密を知りたくない人は閲覧にご注意ください。

■花岡七桜と高月椿のネタバレ相関図

今回のネタバレの解説は複雑なので、先に和菓子店「光月庵」の簡単な相関図(家系図)を紹介しておきます。女将の名前は、原作では出てこないので、「女将」としておきます。

私たちはどうかしている-花岡七桜と高月椿のネタバレ相関図

■ネタバレ相関図の解説

(注釈:あくまでも原作の解説ですが、わかりやすいように括弧内ドラマ版の配役を書いておきます。)

さて、上の画像が和菓子店「光月庵」の相関図で、高月樹(鈴木伸之)と女将が夫婦でした。

そして、表向きには、高月椿(横浜流星)は高月樹と女将の間に生まれた子供となっており、高月椿が和菓子店「光月庵」の跡取り息子となります。

しかし、高月樹と女将の間に肉体関係は無く、高月椿は女将と不倫相手の間に生まれた子でした。

そして、高月樹も住み込みの和菓子職人・大倉百合子(中村ゆり)と不倫をしており、高月樹と大倉百合子の間に生まれた子供が、サクラです。サクラ=花岡七桜(浜辺美波)です。

さて、「光月庵」は、血縁者が継承するという鉄の掟があり、代々、血縁者によって引き継がれてきました。

このため、戸籍上の継承者は高月椿なのですが、高月椿には高月家の血は流れていないので、「光月庵」の後継者としての資格はありません。

そのことを知った大旦那(高月椿の祖父)の高月宗寿郎(佐野史郎)は、高月椿を毛嫌いし、高月樹と不倫相手・大倉百合子の間に生まれたサクラこそが、「光月庵」の正統な後継者だと考え、サクラを捜しています。

しかし、高月椿も高月宗寿郎も、花岡七桜(浜辺美波)の正体がサクラだと気付いていませんでした。

さて、15年前に高月樹が殺された事件で、大倉百合子が容疑者として逮捕されたのですが、大倉百合子は無実を訴えながら、裁判の途中で倒れ、死にました。

花岡七桜は母・大倉百合子のえん罪を晴らすため、高月椿との結婚話にのり、「光月庵」へ潜入するのですが、高月椿と肉体関係を持つようになり、妊娠します。

ところが、花岡七桜は、母・大倉百合子が「光月庵」の屋根裏に隠していたDNA鑑定の結果を発見し、自分の父親が高月樹で、自分には高月の血が流れている事を知るのでした。

2人は事実上の兄弟とはいえ、血が繋がっていないので、子供が生まれても問題は無かったのですが、子供は流産していまい、生まれていません。

山崎豊子の原作「華麗なる一族」は、母親と祖父の肉体関係で、家族間の関係がドロドロとしていたので、「私たちはどうかしている」のドラマではどのように描かれるのかが注目ポイントとなるでしょう。

なお、「私たちはどうかしている」の原作のあらすじとネタバレは「私たちはどうかしている-原作のあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する