朝ドラ「おちょやん」のタイトルの意味や語源「おちょぼ」のネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」のタイトルの意味と語源のネタバレです。

■「おちょやん」の意味や語源のネタバレ

「おちょやん」は「おちょぼ」が訛った言葉で、語源については諸説あるのようなのですが、一説によると、元々は芸者の見習いを指す言葉だったようです。

芸者の見習いを関東では「半玉(はんぎょく)」、京都では「舞子(まいこ)」と呼んでいました。

そして、芸者見習いの下で、芸を習う少女を「下地っ子」と言い、京都では「下地っ子」の事を「おちょぼ」と呼んでいました。

やがて、芸者業界の身分制度が、茶屋や料理業界でも使われるようになり、茶屋や料理屋で働く仲居見習いの少女を「おちょぼ」と呼ぶようになりました。

大阪では、この「おちょぼ」が訛って、「おちょやん」と呼ばれるようになりました。

つまり、「おちょやん」というのは、「女中見習い」や「仲居見習い」という意味になります。

朝ドラ「おちょやん」のモデルとなった浪花千栄子の話を聞いていると、「おちょやん」と仲居では、髪型や服装も違ったようです。

そういう点も含めて朝ドラ「おちょやん」の実話を紹介していくので、実話のエピソードについては「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する